teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:266/1643 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新人戦決定トーナメント2018

 投稿者:ミニバスコーチ③  投稿日:2018年 2月 6日(火)17時43分42秒
  通報
  2018 /2/4、『新潟市ミニバス新人戦決勝トーナメント』に参加してきました。


皆様からはよかきなせ~と言われるので、とりあえず書きます。
(良い日なのでHW爺も書くと思います)


まずは前日の練習。


HWG2018メンバー5年生8人、中でも6人(ユイ、ミオッチ、リールー、ヒニャタ、キャノン)が中心となってゲームを作るスタイルなんです。


が。


(◎-◎;)ユイゾー&ホニョのツーガードが見当たりません。


ユイゾーは急な発熱o(><;)(;><)oホニョはインフル明けで自宅待機中。


(T^T)マジかー。


そんな中、先週末の予選リーグをインフルで休んだキャノンが練習してる姿を発見!


(~_~;)ヨワヨワ~:


元々色白なガードフォワード、キャノンが更にホワイティーに!


あまり期待できません。




(-_-;)翌日の大会会場にいったい何人集まるのか・・・


┐('~`;)┌誰がガードを務めるのか?


チームに心配だけが募ります。



新チームで元気なのは下級生とフロントコート陣だけ!


( ̄▽ ̄;)テンション上げさせるかな・・・


(^○^)   みなさん!

6年生も含めてランニングジャンプでリングにタッチ(^^)/出来たら全員にアイス!


まずは、6年生代表でリンカーン!


(* ̄∇ ̄)ノ   びょ~ん!



(゜ロ゜;  ギりアウト。



ヾ(@゜▽゜@)ノ  アブねー


漂う嫌な予感・・・

単価100円でも30人を越えるメンバー(..)。


リングにタッチされるとレルヒさんは居酒屋さん1回分のHPを消費します。


(# ̄З ̄)フッフッフ、ミサキングは故障あけだし、5年生以下じゃあり得ねーぜ。



ン?σ( ̄∇ ̄;)


ミーオ!ミーオ!ミーオ!q(^-^q)q(^-^q)


谺(こだま)する子供たちの熱い声!


ミオッチがゴール下に走り込みます!。


そして、ゴール下で減速。


Ψ( ̄∇ ̄)Ψ  しめた!自分で勢いを殺してる!


(-)_(-)  フッフッフ、ムリだろ~



(* ̄∇ ̄)ノ  びょ~~ん!


(゜Д゜≡゜Д゜)?えっ?



(* ̄∇ ̄)ノ ̄    ガコーン!


リングに指の第2関節かかってるやん!!щ(゜▽゜щ)



( ̄∇ ̄*)ゞいやはや・・




体調不良メンバー不在の悪い雰囲気をを吹っ飛ばします。



そして、当日。
いざ、朝練習へ!


早朝LINEで5年生マナが高熱でダウン!

(→.←)ぎょえ~まだ続きがあったのか・・



もはや軽めのアップを余儀なくされるHWGは野戦病院なのか、体育館なのかが良くわからない状況で体育館でシューティング!



(〃´o`)/⌒●~*


(◎-◎;)ホニョのシュート全く届いてねーぞ?


(/\)ポンポンいたい。


(*゜▽゜)_●正露丸?



( ̄▽ ̄;)違うのね、久々に動いたからなのね・・



σ( ̄∇ ̄;)って、だめなやつやん。



( ̄▽ ̄;)はい。朝練習中止。


メンバー確保優先で決勝トーナメント1回戦に向かいます。



会場を白根カルチャーセンターに移して、初戦は赤塚さん。


力のあるキャプテンさんを中心に新人戦は将来を見据えて、決起果敢な1on1で向かってきます。


迎え撃つのは病み上がりユイゾーキャプテン。


(。>д<)力強さ、いつものキレは皆無でボールを無くします(´д`|||)


言い訳は許されないオクレコーチのユイゾーに対する【激】に気が引き締まったのは周りのメンバー。


4年生アイラーマンとアッキーのディフェンスとガッツあるルーズボールがチームに勢いを与えます。


攻めては今日は当たりだ!

インサイドでヒニャタが得点を量産!


6年生不在となればオフェンスもやりますミオッチ♪



(# ̄З ̄)6年生がいてもやってよねー


ディフェンスがセンター陣に集まれば、復調したホニョがアウトサイドシュートを決める!


まさかの前半戦2失点!


何なの・・・σ( ̄∇ ̄;)



一方で初めて?4~8番が揃った3クォーター。


(/0 ̄)イマイチ。



しかし、前半の貯金は大きく流れは変わらず。


1回戦
HWG(VS)赤塚さん
1Q21-2
2Q20-0
3Q10-4
4Q14-7
65-13




ここで、今日のみさきちゃんシリーズ。

試合後の会話力。


アツ村『今日の試合でまたアッキーは株をあげたな!』


アッキーナ『かぶ?』


フト村『株ってわかるか?』


ノッチ『野菜でたべる?かぶ?』


アッキーナ『てんぷら?』


フト村『かぶを揚げる!』ってそういうことじゃ・・・



(´д`|||)ミサキングDNAはシャンパンタワーのように後輩に染み渡っているのでした。



さて、続いて男子部の惜敗(3点差)を目前にしての2回戦。


対戦相手は五十嵐さんに勝ち上がった山潟さん(予選リーグ1位)。


身長はありませんが、昨年からの経験、シュート力、1on1。

切れ味があります。


1クォーター、プレッシャーを受け、思うような攻撃ができないHWG。


思いきりの良い山潟さんの捨て身の攻撃にタジタジです。


調子の悪いユイゾーは得意のドライブを封印し、パスを配給しますが周りが呼応できず。


点差を離されそうになりますが、アイラーマンのミドルシュートで食らい付くのがやっと。


(ノ-_-)ノ~┻━┻病だけではない。



HWGのリズムが戻るのは2クォーター。


ミオッチの得点を中心にリールーとアッキーナが走り出すとHWGが一気に逆転!


圧巻は3クォーター。
再び4~8メンバーが揃うと落ち着きを取り戻します。


ボールを無くさない山潟さん相手にハーフコートマンツーを指示するヨワ村コーチ。


σ( ̄∇ ̄;) これは歴代チームになくスケールがデカイ。


φ(..)5人の平均身長は今時点で155cmオーバー。


スペーシング、ドライブ力、チームプレイ等、バスケットの質や内容はどれも山潟さんが上ですが、ミオッチを中心とするディフェンスの層の厚さはHWGが上でした。


3クォーターを2点に押さえて勝負あり!


攻めても6年生選抜チーム相手にゲームを、やって来たフロントライン陣を山潟さんは止められず。


ユイゾーが1on1をセーブする中、徐々にHWGがインサイドを捩じ込みます。


4クォーターはアイラーマン強化タイム。

相手エースさんにチャレンジマッチアップも力及ばす(ToT)。

良い経験を積みました(..)。


新人戦決勝トーナメント

1回戦
HWG(VS)山潟さん
1Q8-9
2Q18-8
3Q16-2
4Q10-12
52-31



これでHWG2018チーム念願の『春季大会ベスト8シード枠』をGET!




ベスト8はまだ出揃っていませんが、


大淵丸山さん(江南区)
HWG(中央区)
桜が丘さん(中央区)
葛塚さん(北区)
大形さん(東区)
中地区さん(東区)
未定(2/10)
亀田西さん(江南区)


ベスト16ながらベスト8チームと実力伯仲なのは新通さん&竹尾さん。

あと、1枠は葛塚東さん&内野さん(ともに予選1位)、矢代田さん(少年少女ベスト4)が有力なのでしょうか。


2/10の様子はこちらを参照ください↓。

https://ameblo.jp/nule/entry-12280822214.html


さあ、次はベスト8チームによる順位決定戦!


で・す・が。


再び、新チームの活動はボリュームダウンで全国大会準備モードに突入します。



(*゜▽゜)_□  未完の大器チームの再発進は2018春までお待ちください!



※数少ないチーム写真(左手には必勝)


※良きヒニャタちゃん


※リングを背にして、次は?

  
 
 
》記事一覧表示

新着順:266/1643 《前のページ | 次のページ》
/1643