teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月26日(金)12時54分43秒
  こんにちは。
汗、全く同じです。少し暑い日の満員電車・・・「なんでやねん!」と思わず止まらない汗に突っ込んだほど。
さおたんさん言う通り、自律神経でしょうね。他にも自律神経障害による不具合色々出てますし。(決して更年期ではないっ!笑)

 
 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月26日(金)08時05分20秒
  おはようございます。
傷口の感覚はいずれ戻るのならば良かったです。それと元々汗かきの方ではあるものの、手術後後頭部の汗かきがひどくなった気がします。
年齢的にもついに更年期がやってきたのかと思っていましたが笑っ、首なので自律神経にも影響してるのかとも思います。これからの季節困ります。後頭部以外は案外汗もかかないんですけどね。ちょっと張り切ってお掃除したりするとダラダラと汗が(T▽T)
運転は中古の年期の入った軽自動車なので、足回りがガタきているのか、あまり無理しないようにします。ありがとうございました。
 

とっさんさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月26日(金)07時58分51秒
  はじめまして。
情報ありがとうございます。OPLL 患者会なんてあるんですね。私は東北の田舎なので、うちの方はないかな?
同じ難病で治療や経過に不安をもつかたにとってはとてもありがたいです。私は首こりとゆうか肩凝りのほあがひどいです。おそらくc4.5.6なので傷口が首の真ん中より下の方なので、そのせいかと思ってます。ストレッチするだけでだいぶ違いますが、この梅雨時期の気温の差に堪えています。ありがとうございました。
 

さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月26日(金)00時40分19秒
  車の運転、結構しんどいですよね。同じ姿勢が長いというのもあるし、振動やカーブの横Gで実はかなり首を使ってるんですよ。
私なんて未だに軽自動車だとしんどいです。あと、不安定な椅子も辛い。会社のタイヤのついたやや偉そうな(笑)椅子は勝手に固い椅子に替えました。おかげで役職者としてはまぁ~威厳のないこと。

忘れてましたけど、傷口の無感覚についてですが、多分その内戻ります。私のはちょっと特殊な切り方なので、同じ経過をとるか正確にはわかりませんが、私も初めは無感覚で気持ち悪かったですが、知らない間に戻ってました。
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月26日(金)00時11分39秒
  実は少し前から気になってたんです。まだまだ活動的な生活をしたい年齢でしょうし、結構シビアな上位頸椎の除圧をされてるようでしたし。
私は術前に手術のことをできる限り調べました。論文とか専門書、経験者の話、複数の名医と言われる方々との対話等・・・。結果、手術の限界というのもよくわかりました。そして、術後のリハでどれだけカバーできるかがキモになると思い、腕のいい理学療法士や割と有名な鍼灸整骨院の先生に色々教わってから手術に臨みました。今も、理学療法士や執刀医の方とは色々細かいことを話しています。
なので、もし、そこで得たものが少しでも役立てば・・・と思ったんですが(-_-;)
さて、私のリハですが、こんな感じなので、ちょっと細かすぎて「なるほど」となるには板に書くのが難しく・・・。かなりザックリいうと、まず、元々または術後固くなってしまった首から遠いところからほぐしていきます(足首→股関節→肩甲骨→肩関節)。私はまだ肩甲骨周りが固いので肩関節はごく軽くしかやってません。術後の痛みには肩甲骨周りの筋肉が結構キモになるらしく、特に二つの肩甲骨を近づけるストレッチや強化が大切だそうです(遠ざける動きは逆効果らしい)。あと、首に負担を掛けないような腹筋をやってます。首のストレッチは一切やっていません。
とにかく、首に負担がかからない姿勢作りと血流改善をテーマにやっています。目指すのは早く治すことではなく、長期予後をいかによくするかなので。
実際、他には歩くくらいしかやってないのですが、後弯気味だった頸椎カーブが理想的な前弯角度に変わり、理学療法士からは「後方からの手術を受けた人の頸肩周りとは思えないくらい筋肉が柔らかい」と言われるようになりました。 私は中心性脊損による神経症状があるため、筋肉の状態を良く保っても、中々すっきりとはいかないんですけどね。
漠然とした内容にもかかわらず、無駄に長くなってしまいすみません。
何とか工夫して、お互いもっと活動的な日常を取り戻せるよう頑張りましょう。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月25日(木)21時05分55秒
  親身になって考えていただき、本当にありがとうございます。
棘突起については説明を受けていない為、よくわかりません。ただ、右側の筋肉は特に触っていないようです?
ちなみに、通りすがりさんは、どのようなリハビリをされていますか?
 

さおたんさんへ

 投稿者:とっさん  投稿日:2017年 5月25日(木)20時34分42秒
  初めまして。昨年5が月にC2C7を削りC3からC6にスペーサーを入れる後方椎弓形成術をしました。いまだに、首コリ痛み痺れが取れません。片開きで棘突起が再生されませんでした。その影響か辛い毎日です。さおたんさんは、両開きでしたね。もし棘突起の影響でしたら、参考に兵庫opllの患者会のブログのメニューで術後の首コリ対策で中村さんが書いてます。お身体を大事にして下さい。
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月25日(木)18時57分13秒
  片開き椎弓形成術だったのですね。その際、棘突起は再建されました?もしされていれば、右側の棘突起付着筋肉を温存する術式の可能性があるので、たかひろさんのおっしゃる通りだと思います。検討外れで申し訳ないです。
私も右側だけを温存していて、(私の場合左よりの中心性脊損の影響も大きいですが)左側に痛みが出やすいです。
もし、棘突起を温存していなければ、左側の片開きであれ、脊柱管の右側に開くための溝を掘らないといけないので、右側(の筋肉)も侵襲されますので「左右バランス」という意味では手術の影響とは違うかもしれません。
いずれにせよ、最初の私の推測がずれていたので、根本的に参考になるようなアドバイスができずすみません。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月25日(木)17時16分47秒
  アドバイスありがとうございます(^^)
首の左側が痛いのは、片開きの手技によるものだと思われます。左側からアプローチしているので…。筋肉の左右のバランスがおかしいのもこのせいかなと。右側の筋肉は正常なわけです。
筋力をつけるより仕方ないのかなと思ったのですが、なかなか上手くいきません。
一年半、そろそろ普通に生活したい気持ちでいっぱいです。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月25日(木)08時22分24秒
  いつもありがとうございます。
最近、車の運転を少し距離を伸ばし隣街まで行ってみましたが、やはり車の運転は結構厳しかったです。同じ体制でいるのは、結構負担になりますね。
私の手術を出頭していただいた医師は、全国的にも有名な脊椎の名医で、医大在籍医師なのですが、私の住む田舎街にわざわざ出向いて手術してくれました。
今後も1ヶ月に1度診察を受け経過をみていくようです。なかなか私の年代でのこの手術は珍しいようですね。ネットでOPLL の持病を持ちながら看護師の仕事を続けるかたもいることを知りました。
これまで子育ての為に無我夢中で仕事をした20年でした。どこまで仕事を続けることができるかわかりませんが、私は病気には負けません。
むしろこの状況を乗り越え、患者さんにより親身になって仕事ができそうです。7月からの復帰を主治医と約束しました。最近、メキメキ良くなっていたのが停滞期に入ってしまいましたが、焦らず少しずつ頑張ります。この梅雨の時期は体調にはこたえますね。みなさんも同じでしょうか?
OPLL の前方からの手術はリスクも伴うとのことで、大学病院でしか出来ないといわれています。
 

さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月25日(木)00時20分17秒
  術前の説明、凄くちゃんとしてくれるいい医師ですね。そして、その説明をきちんと受け止めているあたりはさすが看護士さん!ですね。
先の不安、あると思いますが、仮に骨化が大きくなったとしても、「前方からの手術」という手が残ってる(同じ病院でできる)んですよ。
opll で椎弓形成術を受けたが、その後骨化が成長したことによりまたひどい症状がでてきた人が同じ病院にいってそれを訴えてもその病院では前方から直接骨化部を削りにいく手術ができないので、いつまでも「特に問題ない」とされ様子見という名の放置をされ、取り返しのつかないレベルまで悪化した・・・というのは意外とよくある話なんですよ。
さおたんさんは、今後も定期的に検査されるでしょうから、万が一、骨化が進行しても酷くならない内に前方アプローチができる状態なので、「不安」ではなく「安心」なんです。
復職も、きっと大丈夫。もちろん、今まで通りできないことも出てくるかもしれませんが、その分この病気によって看護士として新たな武器を得てますしね。
術後経過も書き込み読む限り、凄く良さそう。私の経過よりずっと早いペースでできることが増えてます。ここからの1ヶ月でさらに回復を実感できると思いますので、楽しみに頑張って下さい。 私も頑張ります。
 

ししまるさん

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月24日(水)16時28分11秒
  自分の会社も同じ様なものです。
検索サイトに自社の名前を入れて検索すると、1番候補にブラックって出てきますからね(笑)
いまは以前よりマシにはなってきたので、グレーぐらいにはなったかな?

コメント有難うございました。
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月24日(水)14時14分47秒
  c2の棘突起には、頭を上向きに保つ筋肉と腕、肩を引っ張り上げるのにそれぞれ重要な筋肉が付着しています。特に頭がを上向きに保つ筋肉が手術により侵襲されていますので、「首をおこすとつらい」はこれによるものかと。(私はc3~c5の椎弓形成術後6ヶ月ですが、下向き姿勢をキープしない限り特に辛さはありません)
)   ただ、その後、頭が上げにくいことにより頸椎のカーブが崩れ、慢性的なムチウチのような状態になることが多いのですが、そこが回避できていることは本当に良かったと思います(この点、私が想像していた経過といい意味で違いました)。
さて、左側に痛みが集中してきたとのことですが、術後、結構無理されました?c2を処置されたので、術後は普通にバランスよく立位をキープするだけでも一部の筋肉にかなり負担がかかるはずです。恐らく術前の時点で元々強かった右サイドに偏った身体の使い方をすることで何とかしのいでいたのかなと。結果さらに左右バランスが悪くなって、そもそも一部の筋肉に負担をかけざるを得ない構造になって血流が悪くなりやすい状態の下で筋力の弱くなった左側の血流が輪をかけて悪くなったのかなと想像します。
今、首の左側が、固くなっているようでしたら無理に頸のストレッチをするのではなく、足首、股関節、肩甲骨、(辛くなければ肩関節)のストレッチをして周りから血流を上げていくようにしてみたらいかがでしょうか?
頸は付け根以外が痛くなったら無理をしない範囲でできるだけ立てるということ以外はやらない方がいいと思います。
時間はかかると思いますが、これで左側の頸がほぐれれば、また次のステップに進めばと思います。
参考になったか分かりませんが、少しでも何かのヒントになれば幸いです。
 

術後の頸部痛、肩凝り

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月24日(水)08時51分31秒
  OPLL の頸椎椎弓拡大術後、1ヶ月すぎました。私はC4.5.6の椎弓を両開きでそれぞれ人工骨を入れる手術をしました。
術前は右手の握力低下、手先の使いずらさの症状と共に肩から背中にかけての痛み、右腕のだるさがありました。術後よくなったのは右手の痛みだけで他の症状は消えていませんし、むしろ後方から手術したことにより肩凝りはひどくなりました。でも術前に主治医よりあくまでも今回の手術は最悪の頸椎圧迫によるねたきりを予防する対症療法でしかないと言われております。今後の経過によっては前方からの手術もしなくてはいけなくなるともいわれています。
OPLL は年令が早く発症した人ほど、進行が早いとか言われました。私は40才の女性です。看護師の仕事をしてます。今は休職中ですが1日も早く戻りたいです。
先々のこと考えると不安でたまりません。家族やこの掲示板がどれ程私の励みになったことか。感謝をしております。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月24日(水)00時46分59秒
  コメントありがとうございます。

確かに、痛む場所は時間の経過と共に変化があったように思います。
最初の頃は後頭部全体が重だるく、パンパンに張ってしまう感じでしたが、今は首の左側に痛みが集中しています。引きつれが増したような… 癒着?してしまったのかな、と考える次第です。左右でとてもバランスが悪いです。
レントゲンでは異常なしでした。オペ前、オペ後変化はありません。
何かアドバイスありますでしょうか?
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月23日(火)23時58分33秒
  過去の書き込みも読ませて頂いたのですが、opll により後方からc2c3を除圧されたとのこと。また、書き込みの限りでは、術後後遺症や術後に気をつけるべきこと、手術しないとどうなるか、術後リハや術後の状態など先生からの説明もあまりなかったようにお見受けします。術後、かなり辛い日々を送られていること、お察しします。
さて、たかひろさんの術後の痛み、突っ張りですが、術後しばらくは切った場所まわりの張りや痛みと後頭部付近の頭重感が強く、数ヶ月後より頸全体や肩など痛み、突っ張りを感じる場所が増えてきた・・・ということはなかったですか?また、術後数ヶ月後のレントゲン写真で、頸椎のカーブが少なくなっていませんでしたか?
もし、当てはまるようなら、リハビリの考え方を変える必要があるかもしれません。また、ここに書き込まれている方々の経験や経過が参考にならないかもしれません。
あくまでも私の考え方ですが、術式、施術場所により侵襲されたところは違います。なので、個人個人が受けた手術や疾患の原因によって、術後気をつけることや、どういうリハをすればいいのかは異なると思っています。
たかひろさんの書き込みを読んで私なりにこうなってるんじゃないかな?と思いを巡らせてみましたが、全くの検討ちがいかもしれません。もし、当てはまったようでしたら、改めて具体的に書き込みます(恐らく何かの参考になるかと)のでどうだったか教えてください。
ちなみに、たかひろさんの年齢でc2c3あたりのopll だと命に関わるリスクもあった(この場所での脊髄圧迫が進むと呼吸停止が起こりうるし、若いうちに発生したopll は大きく成長する恐れがある)ので、手術をしたことは間違いではなかったと思います。
辛いとは思いますが、なんとか回復の糸口がみつかることを願っております。
 

たくさんへ

 投稿者:ししまる  投稿日:2017年 5月23日(火)23時41分14秒
  私も、会社の総務課に言われました。
「早く治して、2倍、3倍がんばってよ!正社員なんだから!」と。ブラック企業ならぬ個人ブラック対応…。3ヶ月休んでいる間に、5、6人辞めていったみたいなんです。
 

オーパさんへ、

 投稿者:とっさん  投稿日:2017年 5月23日(火)18時57分39秒
  初めまして、昨日、5月に変形性頸椎症の手術をしました。C2C7を削り、C3からC6にスペーサーを入れ後方椎弓形成術をしました。いまだに、首コリ痛み痺れ、鉄板が張ってある痛みが取れません。又足裏の痛み痺れもすごく取れません。先日、石神井公園のこまつ針に行って来ましたが、ほとんど変化ありせんでした。どのくらいで変化は、出て来るのですか教え下さい。よろしくお願いします。






 

あおさんへ

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月23日(火)16時03分10秒
  あおさん、返答有難うございました。
会社からは復職したからには、100%で仕事をしてもらう。
って言われているので、復職するタイミングが難しくて・・・。
明日、術後の検査日なので、担当医とも相談してみます。
自分の体力と後遺症など考えて、復職日を決めますね。

有難うございました。
 

たかひろさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月23日(火)10時31分17秒
  たかひろさんと同じく後方からの手術をしました。私はまだ術後1ヶ月なので、先輩ですね。術後1年でもやはり首こり、肩凝りひどいですか。辛いですよね。私は、1ヶ月たちストレッチや湿布でどうにか頑張って、痛み止めはほとんど飲んでません。
さすがに下を向いて作業したりちょっと無理すると、ついつい横になってしまいます。あと1ヶ月後の仕事復帰を目指し、今体力アップのために早朝ウォーキングもしています。そのおかけで、午前中はかなり調子がよく家事をスイスイこなせています。さすがに夕方になると辛いんでゆっくりお風呂に浸かりストレッチするとまた楽になります。何故か傷口周辺の感覚がありません。みなさんも一緒なんでしょうか?
痛みの感じ方って人それぞれですよね。今よりも1ヶ月後はさらによくなってるはずと信じて、前向きに頑張ろうと思っています。
長文失礼しました。
 

首コリ、肩コリ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月23日(火)09時37分50秒
  後方からのオペで術後一年半です。
未だに、首の痛みがとれません。
横になっている時は感じませんが、身体を起こすと首の筋肉の突っ張り、締め付け感があり、苦しいです。
みなさんはどうでしょうか?
 

たくさんへ

 投稿者:あおさん  投稿日:2017年 5月22日(月)21時52分1秒
  今晩わ。
復職の時期については、担当医師の言うとおり、自己判断で
決めるしかないと思います。なぜなら、職種、術後の症状、通勤方法等
個々に違うからです。最初から100%の仕事をしようとは思わず、
1.通勤をしてみる。
2.半日働いてみる。
3.定時までがんばってみる
というように、少しずつ負荷を増やしてみるという方法は、どうでしょうか?
復職は、無理をすればなんとかなる位から考えれば、良いと思います。
焦る気持ちは、分かりますが、俺は2ヶ月位からフルタイムの出勤にしましたね。
 

復職について質問です

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月20日(土)18時56分25秒
  こんばんは。
前回、頸椎ヘルニアでC5,C6前方除圧固定で質問をさせて頂きました。

来週に術後の頸椎カラーが簡易カラー(Yoshikiさんがしていたようなカラーです)に変わります。
今までのは首が動かいな様に固定されていたもので、簡易カラーになればある程度は首の自由になると思います。

そこで、質問なのですが皆さんはどの程度で復職されたのでしょうか?
後遺症などの程度もあるとは思いますが、自分の場合は、
・自宅でのリハビリで真っ直ぐ姿勢よく立つことができる様になった。
・歩くのは500mぐらいなら普通に歩けますが、それ以上は左足が重くなりびっこを引きながらなら3kmは歩けました。
・左右指にシビレ、左右の手首に違和感が強い。
・首手術痕付近は無感覚です。
痛みについては、首のC5,C6辺りからの痛みがあります。
ある程度我慢すれば私生活は大丈夫です。

担当医師からは、車の運転、復職は自己判断でお願いしますと言われています。
その為、判断に困っております。
再来週あたりから復職を考えてますが、それが普通なのか判断に困っています。
簡易カラーが外せる程度までは復職しない方がいいのでしょうか。
アドバイスお願い致します。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月19日(金)08時20分43秒
  OPLL のこと、看護師ながらも恥ずかしながら詳しくは知りませんでした。今回、自分がそうなっていろいろ勉強しました。原因不明な病気で難病だと知ったときには、お先真っ暗になったぐらいです。幸い麻痺の状態もこうち運動障害も軽症だったので、手術してまだ後遺症は残っているもの、今後復帰はできそうな気がします。
辛いことばかりではありませんでした。この病気をきっかけに、私の娘が看護師を目指すと言ってくれました。私にどんなことがあっても支えてくれると言ってくれています?
通りすがりさんのお言葉もとても励みになります。病気になって、患者になって、色々考えさせられました。私は前向きに頑張ります?そしてまた医療の現場に立ちます。みなさん!明るい未来はきっとあります!今が辛くても一緒に頑張りましょう?
通りすがりさんありがとうございました
 

さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月18日(木)23時53分52秒
  opll でしたか。「特定疾患」なので意外に思われるかもしれないですが、ヘルニア起因の頸髄症の術後より、opll 起因の頸髄症の術後の方が職場復帰復帰率が高いらしいですよ。(そんな論文があります)
私が手術を受けた病院はどちらかというとopll の方に有名な病院(前方から直接骨化部を除去-しかもかなり広い範囲のものも適応-する術式ができるらしい)だったので、かなり重度のopll 患者さん達から色々な話が聞け、知らない間にopll についても詳しくなってました。
もちろんみなさん職場復帰は果たされてます。
私もまだまだこれからです。職場以外にも復帰したい場所があります。最終的にはそれができるよう焦らず地道にリハをやってます。
さおたんさんはもちろんのこと、術後後遺症に悩まれているみなさんも、少しずつでも日常を取り戻していけるようにお互い頑張りましょう!
 

Yoshikiさんの手術

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月18日(木)23時08分30秒
  日本では認可されていないADRという手術ですよね。難しい手術らしいですが、どなたか忘れましたが、トップアスリートの方がこの手術受けて復帰されてました。実は私も海外でこの手術をと考えたのですが、万が一があれば後のケアが大変だと思い止めました。
術式としては凄くいいと思うので、本当に7月復帰できるかも・・・と注目しています。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月18日(木)18時05分2秒
  御丁寧にありがとうございます。
本日術後初めて、車の運転をしてみました。数分の運転でしたが、とても疲れました。
嫌でも、首を動かさざる得ないのでいいリハビリになりました。先日術後3週間のレントゲンとりましたが、首を前屈しても後屈しても、全く首が湾曲してない、動かし方が足りないと言われました。元々首が後湾気味だったので、通りすがりさんのおっしゃる通り気をつけなくてはいけないですね。
痛み止めは、胃が調子悪いので頓服にしました。
痛いなと思ったらストレッチするのが一番楽な気がします。私はOPLL による頸髄症で手術にいたりました。特定疾患であり今後の経過については不安でもありますが、先ずは身近な職場復帰を目標に頑張りたいと思います。
 

Yoshikiさんの姿を見ると

 投稿者:ししまる  投稿日:2017年 5月18日(木)18時01分36秒
  自分もあの、カラーをつけていた3ヶ月を思い出しますよ。ニュースには7月復帰と出ていますが、いささかドラムやピアノ大丈夫なんでしょうか?  

さおたんさんへ

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月18日(木)15時45分54秒
  まだ術後3週間ですよね。今の状態だと職場復帰のイメージ湧かないでしょうから、不安ですよね。同じ頃を振り返ると、私はネックカラーつけて無駄に歩き回っていました(2万歩/日位)。でも、カラー外すとたちまちダメで、すぐ寝転んでました。術後1ヶ月したあたりから、カラー無しで「お出かけ」を始め、今日はここまで、明日はあそこまでと少しずつ延ばしてました。また、予め、1ヶ月半後と、復帰する手前の1週間は友人と食事に行くなど予定を入れました。これは、「約束の日までにここまで動けるように」と日々のリハビリの励みにするためでした。(まぁ、結果的には友人とバカ話してると痛いの忘れるのでいつもより随分もつんですけど笑)
私はヘルニアによる頸椎症性脊髄症から軽い中心性脊髄損傷を併発し、手術にいたりました。手術までに色んなことを多角的に調べて都度先生に疑問をぶつけて、術後リハをどうするか考えてきました。
頸椎手術後の症状はかなり個人差があるようで、確立されたリハは無いようです。(正確に言うとちょっと違うのですが、長くなるので・・・)
ただ、間違いなく言えることは、椎弓形成術をした後に頸の前わん角度を崩さないようなリハを心掛けて下さい。術後3ヶ月位で崩れるか崩れないかの方向が決まるようです。もし、崩れると長期予後が悪くなります。職場や日常で色々不便はあると思いますが、まずは3ヶ月後のレントゲン写真で前わんが崩れていない状態を目指して下さい。
あ、ちなみに痛み止めはどのみち脱薬の時に痛くなると思ったので、私は術後3日程度で飲むのを止めてました。もちろん今も一切飲んでません。

また、長々とすみません。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月17日(水)21時21分23秒
  貴重な情報ありがとうございました。
場所が場所だけに、そう簡単にはいかないですよね。薬が合わないものも多く、今はデパスとコカールだけで頑張っていますが、じっとしていると肩と首の張りが強くなり辛いです。7月からの復帰を目指してますが、仕事柄下を向いて作業が多いので、不安はあります。とりあえず、塞ぎ混まずにどんどん体を動かしていこうと思います。
 

椎弓形成術後

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月17日(水)19時11分7秒
  人工骨のずれが話題になってましたけど、後方からの除圧術で、そもそも人工骨をはめない椎弓切除術というのがあるくらいですから、脊柱管の中に入り込まない限り、ずれようが外れようが大して問題ないかと(ちなみに私は椎弓形成術ですが、c3だけは切除しただけで人工骨は入っていません) 。執刀医も今まで外れたことはないけど、外れて放置しても問題ないと言っました(使っている人工骨の形状が、外側にしか外れないものということもあったと思いますが・・・)

あと、職場復帰についてさおさんがご心配されていたので、参考までに私の術後の経過を。
術後約2週間で退院。そこから約1ヶ月半自宅療養と自己流リハビリ。この間のリハビリは首を積極的に動かすことはせず、首を立たせたまま耐えられる時間(連続して寝転ばずにいれる時間)を少しずつ延ばすことを主眼にしました。
ウォーキングは血流上げながら小さい振動で首に負荷をかけつつ比較的正しい姿勢を保てるのでいいのですが、疲れるし飽きるので、あんまり難しく考えないで、どこかに出かける時間を少しずつ増やすようにしていました。映画行ったり、スポーツ観戦したり・・・とにかく毎日できるだけ楽しいと思える外出をしていました。
そして術後2ヶ月目に時短で職場復帰。
やはり遊びとは違って、通勤含めかなりしんどかったですが、仕事中寝転ぶわけにいきませんし、何とか首のコリ、痛みを我慢しながらやってました・・・結局これが1番のリハビリで、日に日に耐えられる時間が伸びてきて、4ヶ月目からフルで復帰、今、術後半年を迎えています。
もちろんまだまだ、術後後遺症はあり、苦手な仕事もありますが、ゴルフなんかもできるようになり、少しずつ日常を取り戻しています。

長々と失礼しました。もし、ご参考になればと。
 

深く考え過ぎでした。

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月17日(水)13時53分7秒
  先日、執刀医の先生の診察を受けてきました。人工骨の件、不安あったので、お尋ねしたところ、全く心配ないと言われました。術後3週間ですが、車の運転もしていいし、そんなに簡単にずれたり外れたりしないと。もしずれたとしても、何百例と手術したけど、再手術になった人は一人もいないと渇を入れられました(;_;) あまり慎重にしすぎる人ほど、いつまでも痛いと言うようになるとのことです。かなり唖然としました。でも、安心しました。自分なりでもどんどんリハビリして、早く職場復帰したいです。  

後方固定術の

 投稿者:ししまる  投稿日:2017年 5月16日(火)23時19分33秒
  傷痕は形成外科で、目立たなくできるのでしょうか?  

教えて下さい

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月14日(日)09時55分17秒
  後方からの頸椎椎弓形成術の手術をうけてからを3週間になります。
まだ手術後の手のしびれやこうち運動障害はのこっていますが、術前よりは随分良くなったように思います。ただ、後方からの手術とのことで肩凝りと下を向いて作業したりするとめまいなどもありかなりひどいです。看護師という職業柄このままでは復帰はまだ先かなと思っています。
私と同じような手術をしたかたで、どのくらいでこの症状が軽減し仕事復帰に至ったかいらっしゃいましたら教えて下さい。
 

あおたんさんへ

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月14日(日)08時34分8秒
  御返答有難うございます。

術後3週間で色々な症状が出始めたので、ちょっと不安になり質問させてもらいました。
仰る通りで、後遺症なのか分からず悩んでいましたが、現状を受け入れることも大切ですよね。
今は自宅でリハビリを兼ねた自己トレを行っています。
どこまで回復できるか分かりませんが、出来る限りのことをやってみます。

有難うございました。
 

たくさんへ

 投稿者:あおさん  投稿日:2017年 5月13日(土)23時24分42秒
  術部、術式共に全く同じの手術をしました。
5ヶ月前なので、俺の方が少し先輩ですね。
色々な症状が出てくると不安になると思いますが、
手術による影響、つまり後遺症なのか、経年変化なのかわかりません。
術後1ヶ月までは、非常にスッキリした状態でしたが、
その後は、手足の痺れに悩んでいます。
担当医に聞いてみましたが、神経が再生する時に色々な神経症状が、
出る事があるそうです。
今ある状態を悲しんだり、諦めたりしないで、受け入れ、慣れていく事も
必要だと思っています。
 

さおたんへ

 投稿者:  投稿日:2017年 5月13日(土)17時53分21秒
  ありがとうございます。
頸椎椎弓形成術後2カ月となり、仕事(トラック運転)も復帰しました。
たまに首からポキッと音が鳴ると人口骨がズレてしまったのかと心配になります。
 

さおたんさんへ

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月13日(土)17時42分46秒
  早速の返信ありがとうございました。

やはり、後遺症で起こることがあるのですね。
両腕が脱力感と痺れがあると、何をするにも不都合だとおもい、心配になっていました。
時間と主によくなると知って、安心しました。
有難うございました。
 

たくさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月13日(土)14時30分56秒
  私は後方からの手術をしてなので、あまり参考になりませんが、実は私も右手の握力低下と脱力感、手先の使いづらさの症状があったのですが、術後3週間経過しましたが、無理をすると、左手までしびれたり、脱力感に襲われます。術直後よりは気にならなくなりましたが、傷口の浮腫、腫れに関連してるといわれ、時間の経過と共に良くなると主治医には言われております。  

Kさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月13日(土)14時22分58秒
  私は後方からの手術で人工骨が3個入っています。簡単にはとれないようにと糸でしっかり固定はしてあると主治医から説明を受け、術後頸椎カラーはしてません。術後3週間になりました。ただ、無理な首の屈曲をすると、人工骨がずれたり、外れることもあるから、術後2ヶ月は気をつけてほしいと言われております。もしそうなったら再手術だと言われました。首の可動域が狭くなったので、そこまでは自分では動かせませんが、転倒などには気を付けます。  

術後の後遺症

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月13日(土)09時12分25秒
  はじめまして。
頸椎ヘルニアでC5,C6前方除圧固定の手術を受けました。
左側の腕の痛みと、足の脱力感がありました。
術後約3週間になります。
左手には痺れが残っていますが、最近になって右手、右足に痺れを感じるようになってきました。
術後前の反対側に後遺症が出てくるケースはあるのでしょうか?
手のひらの痺れる箇所は同じ場所です。
何か情報がありましたら、教えて下さい。
お願い致します。
 

術後の合併症

 投稿者:  投稿日:2017年 5月13日(土)05時33分47秒
  後方からの頸椎椎弓形成術の術後より、何かが原因で入れた人口骨が取れてしまうとどうなるのでしょうか。
 

頸後縦靭帯骨化症による頸髄症

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月 8日(月)05時42分58秒
  はじめまして。
私は10年前の交通事故による頸椎ヘルにがそもそもの原因ですが、ことしに入り徐々に右手の握力低下やこうち運動障害が出始め、看護師という仕事柄今後のことも含め手術に踏み切りました。
40歳という年齢からまだ経過を見ていてもよかったのですが、痛み止の薬が色々試したのですが、会わなかったので、手術をしたわけです。
手術は頸椎椎弓形成術、C4.5.6間に人工骨が3個入ってます。術後の経過は良好でひどい肩凝りに悩まされていますが、右手の握力低下やしびれはいくらか軽減されています。 どうにか現場復帰が一日も早くできるようにリハビリ頑張りたいです? 
 

やまさんへ

 投稿者:オーパ  投稿日:2017年 5月 7日(日)18時53分34秒
  私が2年前に手術に至った判断基準をオペ後に聞いたことがあります。(脊髄症の場合)
私はオペ前に痺れは無かったのですが、握力の低下と頻尿と脚が躓くといった症状があったので判断したと言われました。
握力と躓きは運動機能障害ですね。頻尿は患者によって下痢だったり便秘だったり、私みたいに頻尿だったりと様々なのだそうです。
また、発症から急速に悪化してオペした場合は後遺症が残りにくく、逆に私みたいに時間が掛かった場合は残りやすいと言われました。

京都の病院については知らないのですが、調べる際のヒントを幾つか上げます。面倒ですが、御自分の残りの人生に影響するので、しっかり調べましょう。

①脊柱管狭窄症のオペ件数を調べること。私の場合、かかりつけ医に相談したところ、この病名で調べると良いとアドバイスされました。
②頚椎疾患全体のオペ件数も調べること。頚椎は腰椎よりも格段に難しいとのこと。腰椎は数をこなしていても、頚椎は極端に少ない場合があります。また整形外科だけではなく、脊椎センターや脳神経外科も。病院によっては頚椎疾患は脳外が担当することになっていたりするので。
③退院後の診察やリハビリを考えて片道30分程度の病院が理想。オペ後は全ての動作が暫く痛いので。オペ後3日は泣きました。
④退院後のリハビリを考える。オペした病院なのか、リハ専門病院へ行くのか。時間や土日祝日もやるのか。通えるかどうかも。私がオペした病院は退院後のリハを受けていなかった(入院患者のみでした)。リハ病院へ行くなら、頚椎疾患の受入人数を!私が行ったリハ病院は脳疾患が多くて、あまり同類の患者がいませんでした。
⑤ここで初めてドクター個人について調べましょう。
むかし親族の介護でお世話になっていた看護師さんに教えていただいたのは、論文を多く書いている医者は優秀なことが多いと言われました。この看護師さんは大学病院の救急科に所属し色々な医師を見てきたと言ってました。
担当する科目のスタッフ紹介に名前が出ているので、その名前で検索すること。論文を多く書いている医者は過去に発表された論文と重なってはいけないので、他人の論文を良く読んで知識も豊富だし、新しい技術や術式にも明るく、オペも上手なドクターが多いそうです。ただ、稀に単なる勉強熱心なだけで、オペは下手なこともあるそうです。
⑥最後に。医者が決まったら診察を受けて、説明上手か、また相性も確認して下さい。カルテに書き込む指先を凝視しながら。表向きは診察ですが、患者から見れば「面接」です。この医師に任せられるかを決めるのですから。

もちろん、他の病院の診察も受けて下さいね。セカンドと言わずサードオピニオンぐらいは。
ちなみに、オピニオンを受けると10割負担なので、他所では診察を受けていないという形で。

参考にしてみて下さい。
 

最近では

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 5月 7日(日)11時44分22秒
  ようやく暖かくなってきて痛みが和らぐと期待しておりました。しかしGW中は、痛みのためほとんど寝て過ごしてしまっています。
ここ数ヶ月のあいだ、首の痛みが行動に制限をかけていると思っています。左右に揺らすと痛みが増してついつい家に閉じこもりがちになってしまいます。また、切開部と喉にも今までにない違和感があり、それが強いときには決まって上肢部の痛みも増しています。
主治医(執刀医)に相談するも悪化はしていないので、引き続きリハビリを続けてくださいとのこと。
100%回復しなくとも、日常生活に支障がでないように回復したいと思っていますが、どうすればいいのかわからなくなってしまっています。
セカンドオピニオンの可能性というのも考えますが、専門性の高い病気のため他の医師についての有効性もわからず悩んでいます。
 

変形性頚椎症の手術を悩んでます

 投稿者:やま  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時17分30秒
  五年前から手の痺れと肩から上腕にかけての疼痛で知り合いの紹介で京都の病院を受診しました。気候のせいか今は症状は冬場ほどない状態です。
受診の際に、緊急性はないけれど予防を兼ねて手術を勧められました。冬場になると確かに毎日が辛い状況ですが、後遺症を考えればどうかなと悩んでます。
京都の有名な某病院で手術をされた方、何か情報があればアドバイスをお願いします。
 

オーパさんへ

 投稿者:あおさん  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時14分19秒
  コメントありがとうございます。
2年の件は、症状の固定だったんですね。
これから、リハビリ頑張ってなるべく良い状態での固定を、目指します。
 

あおさんへ

 投稿者:オーパ  投稿日:2017年 5月 7日(日)04時20分23秒
  私は2年前の4月にオペしました。やっと2年です。
そんな私の経験を参考にしてみてください。

まず、当時リハ病院の理学療法士に聞いた話では、「頚椎疾患に関わらず、後遺症は一般的に発症orオペから2年経つと固定しやすい」と言われました。固定とは症状が変化しないということなので、努力や何かしらの治療をしても無駄になるという意味です。
ただ、「個人差が大きいので一概には言えない」とも。

実際に、私は10数年前に発症し2年前にオペしましたが、未だに症状が安定しません。
オペ前の症状は3kgまで握力低下、頭痛、立ちくらみ、頻尿がありました。
術後から去年末ぐらいは血圧低下(上が50も下がりました)で失神、激しい下痢(便意を感じてから10秒以内に出てくる)、頻尿、片方の握力が0kg(500mlのペットは持てます)、痺れがありました。
今は痺れと握力の低下(10kg程度)と片側の不全麻痺だけです。これだけですが、波が大きくて大変です。

そして、今の心配は「症状が固定してしまう」事です。なので、症状が変化する内は色々と試して、変化することを前向きに捉えて生活しています。希望が持てるのですから。

万が一固定してしまっても、慶応大学病院が慢性期の完全麻痺患者向けにips治療の研究をやってますし、京大のipsも10年程度で実用化されるのではないかと言われているので、真っ暗な将来ではないと思っています。


 

術後の後遺症について

 投稿者:あおさん  投稿日:2017年 5月 4日(木)00時52分45秒
  昨年12月にOPをしました。
年始は、非常に体調が良くて、OPに対して満足していました。
しかし、3ヶ月後位から、手足の痺れ、右足の脱力感が出てきました。
知人から、冬を2回越えると良くなってくると言われましたが、
本当なんでしょうか?
単純に、身体の状態に慣れてくるからでしょうか?
まだ50代前半の自営業者ですから、不安です。
OPをして2、3年経過した方の現在の様子を
教えていただけたら、幸いです。
 

頸椎ヘルニア

 投稿者:くーた  投稿日:2017年 4月27日(木)19時38分5秒
  皆さん、初めまして。
2月下旬に頸椎ヘルニアを寝違い勘違いして1ヵ月間、ある日突然左腕に激痛、痺れが出始めましたが、人に言われて初めて頸椎ヘルニアのことを知って開業医に行きましたが、すぐに大学病院に行きなさいと言われ、検査を受けた結果が頸椎ヘルニアでした。
当初は保存的治療で治そうと思っていましたが、運動障害が多く出始めた為、21日にC5・C6を前方除圧固定による手術を行いました。
現在、術後6日目で病室からコメントさせて頂いています。
今はリハビリの真っ最中ですが、体の左側に筋力低下と持久力低下がある状態です。
明日、術後検査でレントゲン、CTである程度はわかると思いますが、これが一時的なものなのか、中枢神経のダメージの為なのかを調べていたらここにたどり着きました。
今後、起こるであろう後遺症と対策を皆様の記事から学ぼうと思います。

これは余計なお世話と言われるかもしれませんが、痛み止めとして名前が出ている「サインバルタ」、「デパス」、「メイラックス(ベンゾジアゼピン)」また、自分が痛め止めとして服用していた「トラマドール」、「ドラムセット」に関することです。
皆さんの痛みは大変辛く、苦しいものだと思います。
痛みを和らげるため、薬を飲むしかないことも分かります。
以前に書かれた方がいらっしゃると重複となってしまいますが、ご了承ください。
上記の薬は一般的に、抗うつ剤、抗不安剤として処方されている薬です。
自分もうつ病の為、上記の薬を数種類服用しています。
これらの薬は脳内ホルモンを制御する薬の為、麻薬と同じ現象を起こしてしまいます。
つまりは、禁断症状です。
一般的には「離脱症状」と言われ、服用期間が長いほど強くでます。
薬をやめる場合は、減薬と言いまして僅か数ミリgずつ薬を減らしていく方法を行う必要があります。
断薬まで、長ければ数年単位必要な場合もありますし、減薬に失敗し離脱症状に悩まされ続けている人も多くいます。
薬の名前の後に離脱症状と記入し検索すると、体験談など多くヒットすると思います。
上記の薬は離脱症状が強いと言われている薬ですので、長期服用(2週間以上~)されている方は、飲み忘れたり、痛くないから飲まないなどすると、いろいろな症状が出てきますので気を付けてください(特にデパス、サインバルタ)
中にはその症状を後遺症と思われている方も居るかもしれません。
現在、ベンゾジアゼピン系の薬に対して使用上の注意を処方時に説明すること、2週間以上の服用を禁止することなど、政府に嘆願する為、署名を集めているところです。
それほどの薬だと認識してください。

長々と書いてしまい、申し訳ありません。
気に障るような文書を書いてしまったかもしれませんが、お許しください。
離脱症状の場合、どの医者に行っても原因不明とされます。
心療内科(精神科)さえ、離脱症状に関しては認めていない医師が多くいます。
くれぐれも、服用を一気に止めるようなことだけは避けてください。
詳しくは、ネット検索で確認してください。

管理者様
もし、記載内容が不適切と思われましたら、削除をお願いいたします。

 

レンタル掲示板
/8