teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


首コリ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 9月12日(火)20時02分27秒
  なんでこんなにいつまでも筋肉戻らないのか、、、突っ張るのか、、、
何かみなさまが努力されてることや、工夫されていることがあればアドバイスいただきたいです。
 
 

たかひろさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 9月 3日(日)11時46分49秒
  だいぶ過ごしやすい天気になってきましたね。天気の悪い日が多かったので、かなり体調にも影響あり大変でした。
術後5ヶ月になりましたが、少しずつ肩凝りは慣れてきましたが、手の痺れが気になります。仕事が忙しかったりすると、夜はしびれで眠れなくなるくらいです。主治医にも話しましたが、靭帯骨化がヘルニアを刺激してるのだろうと言われ、仕事以外は頸椎カラーをしててと言われてます。でも、邪魔だし暑いのであんまりしてないですが。
私もこれからやって来る冬がおそろしいです。今年は比較的暖冬かもとのことですが、それでも冬はこたえますよね。どう乗り越えるか試行錯誤してみようかと思います。
 

たかひろさん

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月31日(木)16時02分34秒
  おっしゃるように冬の訪れを考えと不安になります。
去年の私は、11月頃までなんとか踏ん張りましたが、年12月から3月まで悪い状態であったと記憶にないしています。
 

みなさまへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 8月31日(木)12時07分53秒
  いかがおすごしでしょうか?

少し暑さもやわらいできたように思いますが、日常生活はどうですか?

先のことを考えても仕方ないですが、筋肉が固まってしまう冬の訪れが怖いです。
 

こじさまへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 8月11日(金)11時29分47秒
  なかなか 現実を受け止める というのも難しいものです。
慢性疼痛はメンタルにもきますし、大変です。
少しずつ、慣れていくよりないのでしょうか…
お互い少しでも痛みの少ない日が長く訪れるといいですね!頑張りましょう!
ありますがとうございます。
 

たかひろさん

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 9日(水)07時52分32秒
編集済
  悔しい気持ちは、理解できます。
いまのままで、普通にできていたことが困難になったりできなくなるのですから…
仕事は、以前のように無理をすることができなくなっています。
元々、社内では高負荷な業務ですので減ったといっても他の人より未だ負荷は大きいです。
痛みや痺れが強い時は、言葉がでず話ができなくなる時があります。
気持ちだけで乗り越えられない状況になって、いまの現実を受け止め生活しています。
なので友達などと外出したり、飲みに行くことは無くなりました。痛みで楽しく過ごせないときが多く感じるからです。
痛みが少ない日は、本当に嬉しく感じます。
 

椎弓形成術

 投稿者:あつし  投稿日:2017年 8月 8日(火)23時53分29秒
  私は50歳・男・会社員です。頚椎症性脊髄症とOPLLで今年の5月29日に、後方からのアプローチによる椎弓形成術(片開き法)を受けました。C2,C7を削り、C3からC6まで開いてスペーサーを入れて除圧しました。上肢痛、両手・指痺れにはじまり、左手巧緻性障害、歩行障害、頻尿と典型的な脊髄症状が急に進行してきたと感じたため、手術に踏み切りました。症状発症から約1年半経過してからの手術でした。手術にあたっては、もともとの主治医のネットワークで専門医を紹介してくれて、丁寧に診察・検査の上、整形外科と脳神経外科の医師によるカンファレンスで手術の要否と術式を決めていただきました。病院は大阪の病院ですが、ここでは非公開としておきます。執刀は脳外の先生で、傷跡は約4センチ、術前に説明を受けていた後頚部の「軸性疼痛」はほとんどありませんでした。服用したのはロキソニンと葛根湯です。術後10日で退院、6月12日に仕事復帰し今に至っています。上肢の電撃痛のような痛みはなくなりましたが、両手指のしびれが術前よりも強くなり、歩行障害も改善したもののだいぶ残っています。「痺れと麻痺は少し残るかもしれない。こればかりはどんなにエキスパートの医師でもわからない。除圧は成功したので症状の進行は食い止めていると思う。」との執刀医と顧問医の説明。わかることわからないことを明確に説明してくれているので信頼できます。まだ術後2か月強なので、今後もう少しは改善するかもしれませんが、残っている症状とうまく付き合いながら生活していくつもりです。本音はもっと改善することを期待していたのですが、現実は厳しいですね。  

たかひろさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 8月 8日(火)12時59分21秒
  こんにちわ。
肩凝りの方がひどい感じです。首の方は見た目は傷がみみず腫れになっていてかなり目立つようです。自分では見えないので。 首こりはさわると硬く張ってる感じはありますが、いまいち感覚が鈍っています。電気治療はほぼ毎日通ってますが、まだ通いはじみたばかりなんですが、肩凝りには効いてる気がします。しびれは電気で刺激になり、一時はひどくなった感じがありますが、肩凝りが楽になると、仕事中なんかは気にならなくなります。整骨院の先生ができるだけ毎日通った方がいいよといってくれたので、できるだけ通ってみます。
 

さおたんさまへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 8月 8日(火)12時40分34秒
  お仕事復帰おめでとうございます!
術後4ヶ月ということですが、やはりまだ症状がスパッとよくなることはないですか…
肩こり、首こりは手足の痺れと比較してどちらが辛いですか?私は断然首こり、つっぱりが辛いです。
電気治療、どのくらいのペースでされていますか?効果がありそうなら、私もやってみたいと思う次第です。
 

こじさまへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 8月 8日(火)12時27分57秒
  頭ではすぐにはよくなれないし、年単位の治療だとわかってはいるものの、年齢ゆえ、いつまでもこんなペースでいるわけにもいかないので焦ります。
こじさまはお仕事どうされていますか?
頸椎の手術をしたらみなこうなるのか…手術前には一切説明ありませんでした。悔しいです。
 

たかひろさん

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 7日(月)07時36分57秒
  私の傷口はあまり目立ちません。しかし状態の悪いときは決まって、喉に違和感がありときには、かっ切られるような感じになります。
そのようになると、上肢部の痛みやしびれが発生し、ときには足にまで影響してとてもつらいです。
夏になって少し楽な日が続いていましたが、昨日はちょっとつらかったです。
年単位での治療と受け入れています。
 

こじさまへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 8月 6日(日)23時57分20秒
  コメントありがとうございます。
癒着ですが、どーも筋肉の一部分が皮膚とくっつき絡みあっているような感覚があります。捻れるといいますか。
なかなか、思うように回復しません。
僕の場合、首の切開部分がベッコリと凹んでいますごこじさまはどうですか?
辛い症状、どう向き合っていいか わからなく悩みます。
 

整骨院

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 8月 5日(土)21時43分10秒
  OPLL にて、頸椎椎体拡大術を受けて術後4ヶ月になります。 仕事復帰ようやく始めたところですが、右手の痺れが残り、仕事柄手先を使うので不自由な毎日を送っています。
術後からの首から肩甲骨にかけてのはりが強く、痛み止めを飲んでますが、どうにも肩凝りが辛く、主治医に相談したところ、マッサージの許可がおりたので、整骨院で電気治療を始めました。治療後はすごく楽になったような気がしたのですが、風呂に入り湯船に浸かったらやっぱり元通りに戻ってしまいました。何故か湯船に浸かると痺れが強くなるんです。あと、首を下に向けるとしびれが強くでます。 術後すぐは痺れがなくなったので安心してましたが、まさかのこのタイミングでのしびれ再発。近々主治医の診察を受ける予定にはなっていますが、不安になったので投稿してみました。 
 

たかひろさん

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 7月27日(木)07時35分32秒
編集済
  こんにちは、
私も術後1年経過ですが、最近は気温が高いせいか以前より上肢部の痛み、首にきつりと喉の違和感は軽減されています。
医師の見解は、気温の上昇で血行が良くなり、いい状態が続いてるとのことです。
痛みが軽減されれば、できる限り患部を動かして筋肉をつけていくことが良いと言われています。
たかひろさんの「癒着」とはどのような症状でしょうか。
私も冬季は、痛みが酷く会社も週3回程度しか行けず、不安と激痛で気が滅入っていまいした。
そこで、暖かくなった頃合いで首をゆっくり少しづつ動かしすようにしたところ、固まった筋肉ほぐれた感じがしました。
もちろん最初はとても辛かったです。
でも、今でも日によって痛みがあったりして不安定な状態が続いていますが、時間のあるときは体をすこしでも動かすように心がけています。
 

(無題)

 投稿者:家族  投稿日:2017年 7月26日(水)22時51分31秒
  通りすがりさん、ご返答ありがとうございます。本当に参考になります。
頸部ででもこのような症状が出るとのことで、一つ疑問が解消しました。
行った脊髄専門センターは京都の有名ドクターではありません。顕微鏡で後方から手術するとのことでした。京都のKーメッソッドはちょうどテレビで見まして、術後の負担が非常に軽そうだったので手術を先延ばしにしてでも、kーメソッドした方がいいのかなと思いましたが、こちらでそのメソッドで手術された方のご意見を読んで、ちょっと踏みとどまっています。実際にそのメソッドで手術された方の術後の話をもっと聞けるといいなと思います。
 

家族さん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 7月26日(水)22時40分26秒
  「頸部」だけでもその症状はありますよ。
25日の家族さんが投稿された症状の説明の中に「手指の痺れ」とありますよね。恐らく医師はこの症状から腰の検査はしなかったのかと。
私も頸椎手術で入院した時に腰が痛いのも気になり、お願いして検査をしてもらいましたが、MRIでは全く異常はありませんでした。
でも、心配でやきもきするならお願いして検査してもらった方がいいですよ。頸に異常あると自律神経もやられるので、心配事などのストレスがより症状を悪化させることもあるので。

ちなみに、行かれた脊椎センター=Kメソッドの病院ですか?
 

(無題)

 投稿者:家族  投稿日:2017年 7月26日(水)17時57分36秒
  通りすがりさん、詳しいご説明ありがとうございました。とても参考になります。
頸部脊柱管狭窄症と判断したのは緊急で運ばれた病院の先生でした。自分の専門じゃないとのことで、近隣の脊髄専門センターに行くように言われたのですが、そのセンターでは、手術の説明だけで詳しい検査はありませんでした。一応手術予約を入れましたが、色々調べるうちに自分の症状は腰からのものもあるのかと感じるようになった次第です。 頻尿と一度ですが排尿困難(痛みとおしっこが出ない)、便秘、歩行困難や腰痛などからそう思いました。頸部脊柱管狭窄症だけでもこういった症状は出るのでしょうか?
 

家族さん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 7月26日(水)16時06分41秒
  起こっている症状の原因が「頸部脊柱管狭窄性」と診断された上で、術前の検査をされるわけですから、腰の検査はしませんよ。
どうしても腰の心配があるのなら、改めて検査をお願いしてみるか(多分京都の病院は却下しそうな気がしますが・・・)、他の病院行って改めて診断してもらう(その際に腰も気になると訴えて下さい)かですね。
二箇所一緒に手術・・・もちろん同日にはしませんが、まず腰やって次の週に頸という方もおられますが、かなり負担が大きいのでどうなんでしょうかね。
どの程度の損傷か予めわかるか・・・画像上のの損傷箇所はわかりますが、それが症状と必ずしも一致しないんです。損傷は小さいのに症状は酷いとかその逆とか。なので、はっきり言ってしまえば、症状がどう変化するかは手術をやってみないとわからないんです。ただ、放置すれば悪くなる一方(のはず)なので、術後後遺症を受け入れても、放置した結果の未来よりはいいと医師が判断したら手術をしようとなるわけです。この判断のプロセスについて、手術を受けられるご本人が十分に理解し、納得した上で手術を受けなければ、「手術しなければ良かった」としかなりません。
なぜなら、この掲示板のコメントを読んで頂ければわかるように、どこでどんな手術をしても何らかの後遺症が残るのです。
なので、仮に手術をするとしても、なぜこの病院がいいと思ったのか、なぜこの術式がいいと思ったのかなど、一つ一つ明確にして納得してからにした方がいいと思います。(京都もいい面悪い面あるので)

歩行については、手術とリハビリで改善が期待できます(スッキリ治ると解釈しないで下さい)。痺れなんかはむしろ術前より広範囲に出るかもしれません。
 

脊柱管狭窄症について

 投稿者:家族  投稿日:2017年 7月25日(火)14時23分15秒
  症状は足が萎えて腰にだるさがあり、補助なしでは立てない、歩けない、手指の痺れ、頻尿と排尿困難があります。 頸部のMRIにて頸部脊柱管狭窄症と判断され、手術の予約をしましたが、腰部の検査はしていません。手術前の検査で腰部も確認してもらえるもんなんでしょうか?
また、腰部も手術の必要性があった場合、同時に手術したりするのでしょうか?あるいは別々に手術するのでしょうか。
また、脊髄の損傷があると手術をしても元どおりにはならないとのことですが、自分がどの程度の損傷なのか予めわかるものなのでしょうか。 現在、補助なしで歩行困難ですが、これはすでに損傷があって回復不可能なのでしょうか。
医者に聞くべき質問でしょうが、素っ気ない対応で質問ができない状態でした。ご経験ある方々からご意見伺えれば幸いです。
また、KーMETHODで手術すべきかも悩んでいます。待ち時間が長そうなので、その間に悪化してしまい術後の回復に影響が出るものなのか、また、この方法で手術された方の回復度も聞けたら幸いです。
 

経過

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 7月20日(木)11時39分56秒
  みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

質問ですが、時間と共に痛む箇所に変化などありますか?

僕は術後一年半、首の締め付け感、ひきつれに悩まされていますが、術後半年の頃と比べて、今の方がひきつれがひどいように感じます。癒着してしまったのではないかと心配しています。

何か痛みに対する対処法はないでしょうか…
 

頚椎ヘルニア手術後

 投稿者:ラビット  投稿日:2017年 7月11日(火)11時08分29秒
  はじめまして 頚椎手術後で検索したらここにたどり着きました
5月に後方除圧、前方固定手術を受けC3からC7までプレート、スクリューで補強されています
全身麻痺の恐れがあるということで、緊急に手術を受けました
手術前は一時ボタンをはめることができず字も書けないときもありましたが休職して症状はなくなりました
しかし頚椎脊柱管狭窄症がひどく、すべり症、ヘルニア、脊髄症などかなり症状が悪いので手術を決断しました
その後、入院中に粉瘤が背中に出来て痛みがひどくなり抗生物質も点滴でなんとか良くなり肩こり、背中の痛みを抱えながら退院し現在自宅でのリハビリをしています
最初の一月は痛みがひどく座薬を毎日使用しいていましたがようやくリリカ、トラムセットの処方でなんとか痛みは我慢できるようになりました
ただもう少し説明を聞いてから手術をうけたほうが良かったと後悔しています
2ヶ月で職場復帰できると主治医には言われたのですが、首の可動範囲が少なくなり車の運転が怖くてできません リハビリは肩回し、首の左右回転、前屈後屈、左右横運動などやっていますがなかなか肩こり、背中の痛みがとれません 仕事は土木関係で肉体労働もあり復帰できる状態ではないです
もし良いリハビリを知っている方がいれば体験を教えて下さい
日常生活はなんとかできるようになりましたが、日によって頭から背中までこわばりがひどく動けない時もあります
皆さんはどのように対処していますか ペインクリニックで良くなりましたが、セカンドオピニオンも必要なのかと思っています
よろしくおねがいします
 

やっぱり

 投稿者:ししまる  投稿日:2017年 7月 5日(水)07時43分52秒
  固定術はやらない方がいいみたいなことが、ネットに書かれていました。人それぞれの意見だと思っておりますが。実際、自分は不安定症でしたので、曲げるのを固定化。術後、横に曲げられないですが、術前痛みの引き換えにみなさん申し上げてる肩甲骨や肩のコリがハンパないです。ボルトもズキズキしますし…  

備忘録

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 6月29日(木)07時36分49秒
  昨年の6/11に頚椎ヘルニアとそれに伴う頚椎神経根症で首を切開する手術をしました。

この1年は、とてもつらい日が多く、最初の3ケ月は、腸骨からの骨の移植で歩行できず、同時に右肩甲骨と右腕右手に走る激痛と戦って参りました。

ときには激痛で意識が遠のき救急のお世話になりましたが右上支部の痛みは最近では軽減してきました。

しかしこの半年は、特に頸部を切開した際の影響か喉がかっ切られる痛みに悩まされています。

ときには呼吸に違和感があり支障がでたり、その箇所の調子の悪いときは左右上支部と右足の動作がしにくくなりとてもつらいです。

今はこうやってスマホで文字入力出来ていますが、それも日によってはとても文字入力ができる状態でない時があります。
 

辿り着く事ができました

 投稿者:くまん  投稿日:2017年 6月29日(木)01時28分53秒
  皆様はじめまして。
3月初めに頚椎椎間板ヘルニア5-7で前方固定術を
受けた47歳♀既婚・子供♀♀♂3人の母です。
術後4か月になろうとしますが、なかなか体調が優れず
その為に、元々不器用ですが人間関係でかなり苦しくて
、何が正しく自分がおかしいのか(身体)わからなくなり日々頭を抱え、、、ここへたどり着きました。
今日は皆様のお話をずっと拝見しておりました。
今夜はもう遅いので、また日中参加させてください。
どうぞ宜しくお願いします。
おやすみなさい。。。
 

2度目の手術をしました。

 投稿者:ゆみ  投稿日:2017年 6月19日(月)16時01分0秒
  初めての投稿です。
平成27年12月に後方からの頚椎椎弓術を受けました。
術前は、首から肩甲骨にかけての激痛、左腕の電流のような痺れと激痛で、手術に至りました。
術後、1ヶ月で仕事復帰し、本当に辛かったですが、
術後半年ほどで左腕の症状は綺麗に無くなりましたが、首から肩甲骨にかけての痛みは継続し、ブロック注射や投薬の日々でした。我慢していましたが3月頃から左手の指に痺れが出るようになり、MRIを撮ったところ手術した脊髄に問題はありませんでしたが、新たに頚椎が二ヶ所潰れていたため、手術となりました。
今回は前方からの固定術です。
今日で術後5日ですが腸骨の方の傷の痛みはまだあります。首から肩甲骨にかけての痛みもまだあります。
日にちが経って、痛くなくなる日が来るのかなと、不安ですが、今は日にちが経つのを待つだけです。
たくさんの方が頚椎の手術を受けていて同じような痛みがあるんだなぁと、皆さん頑張ってらっしゃるので、励みにしたいと思わず投稿しました。
 

(無題)

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 6月19日(月)13時00分32秒
  どうしたら 首コリ、つっぱりが少しでも改善できるか試行錯誤の毎日です。
ストレッチや筋トレも取り入れ、プロテイン、コラーゲンなども摂取するようにしています。

さすがに毎日首が痛いとなると、気持ちも病んできます。一年半が経ちました。あとどのくらいで楽に思える日がくるのでしょうか?
 

りょうさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 6月 8日(木)15時28分40秒
  りょうさんと同じくOPLL にて後方からの手術をして私も2ヶ月になります。
c4.5.6なので襟足から10センチ位の傷があります。自分では見えない所なのであまり気にしてませんでしたが、家族によりますと、やはり傷のあたりが浮腫んでると言われました。
赤く腫れ上がったり痛みなどはないでしょうか?私は傷口じたいは痛みがないので気にしてないです。どちらかというと肩凝りの方が気になっています。
 

Kさんへ

 投稿者:とっさん  投稿日:2017年 6月 7日(水)18時58分1秒
  ご返事頂き有り難う御座います。あまりにも首コリ肩コリが酷く辛いです。何とか肩甲骨をほぐしながら体操をしています。痛み止めや痺れ、筋弛緩剤は、使わないよう、リハビリに専念したいと思います。今、頓服薬としてトラムとデパスを使っていますが、専門医から長く使用していると認知症になる可能性があると言われました。漢方薬に変えて行きたいと思います。何とか今の状態を受け入れ頑張って行きたいと思います。有り難う御座います。  

汗かき

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 6月 5日(月)13時20分31秒
  4月に後方からの頸椎椎弓形成術を施行して、2ヶ月が経過しようとしてるとこです。
恥ずかしながら、術後後頭部多汗で悩んでいます。この時期なので、汗かき出したら止まりません。暑かないときは、大丈夫なんですけど。おそらく自律神経の乱れかと思いますが、そんな汗かき対策何かいい方法知ってる方いらっしゃいましたらご教授願います。
術前にあった右手のしびれ、痛みはいくらか軽減しました。そのかわり首、肩凝りが酷いですが、ストレッチでのりこえています。酷いときは、湿布とデパスに助けてもらってます。右手のこうち運動障害は変わらず、術後に何故か左手まで使いづらくなりました。ただでさえ不器用なのに困ったものです。
長文失礼しました
 

とっさんへ

 投稿者:  投稿日:2017年 6月 5日(月)08時57分4秒
  私も最初はビタミンB12などのリリカを飲んでましたが、全く効果がないので止めちゃいました。筋トレは、首や肩だけだとバランスが悪くなるので、全身を満遍なくやっております。体を動かすと、多少コリは良くなるかと思います(特に、肩甲骨を動かす体操のような感じでも良いかと!あと、ヨガもしていませんが、これから取り入れようかと思っています)。痺れは、これからの暑い時期は「痛み」にもなるんですが、慣れだと思い我慢しています。イライラすることも私もありますが、とっさんやほかの皆さんも同じような苦しいことに耐えてるんだと思い、前向いて頑張ります  

kさんへ

 投稿者:とっさん  投稿日:2017年 6月 2日(金)19時45分15秒
  ご返事有り難う御座います。やはり首コリ肩コリは、取れないのですね。首の筋トレは、どのようなことをしてるのですか、また痛み止めや痺れの薬は飲んでいるのですか。同じ医師に手術されたのでついお聞きしてすみませ。辛い毎日ですがなんとか頑張って行きたいと思います。よろしくお願いします。  

とっさんへ

 投稿者:  投稿日:2017年 6月 1日(木)15時51分14秒
  手術して2年以上経過してますが、「手術した感(首への違和感)」は消えません・・・一生背負って行くものと言い聞かせております。首・肩コリは、筋トレなどの運動を週3~4していますが、多少軽減してきております。動かしているとやはり改善傾向にあると思います。
棘突起はあるかないか気にしたことがありません。
私も足ではなく両手が常に痺れていますが、もっとつらい症状の方もいらっしゃるので、これぐらいで済んだのだから、と受け入れることにしました。手術を受ける判断をしたのも自分自身なので・・・受け入れて前進しようと思います。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 6月 1日(木)00時13分36秒
  いろいろとアドバイスありがとうございます!
肩甲骨、ほぐしてみたいと思います。
辛い状況には変わりないですが、状況は違えど頑張っている、相談に乗ってくれる仲間がいるというだけで、前向きになれます? 本当にありがとうございます!
お互い、素敵な人生全うできますように…
また何か情報あれば教えてください。
 

Kさんさんへ

 投稿者:とっさん  投稿日:2017年 5月30日(火)19時48分57秒
  初めまして、昨年の5月にKメソッドによるC2C7を削りC3からC6にスペーサーを入れる後方椎弓形成術の手術をしました。いまだに首コリ痛み痺れ、ツッパリ、肩に鉄板が乗っている感覚です。C3からC6の棘突起が再建されませんでした。最近は、足裏の痛み痺れが増して来てます。毎日が辛いです。京都の両医師は、ほとんど相手にしてくれません。手術前は、下肢の痺れが少しあったくらいです。予防対策として手術を進められました。今は、もっと色々検討しておけばと後悔してます。家族は、全員手術に反対でした。Kさんさんへ、教えて下さい。首コリ痛み痺れは、どのくらいで無くなりますか。また、棘突起は、ありますか。64歳の孫4人の男性、よろしくお願いします。


 

頸椎手術

 投稿者:  投稿日:2017年 5月29日(月)11時14分3秒
  私も不安でしたので、これから手術を受けられる方、ならびに頸椎手術をした皆様と情報を共有したく、記載させていただきます。
現在50歳手前の男です。2年前に頚椎症性脊髄症と診断され、京都のKメソッドで手術にしていただく(その前に、東京で2か所の病院に診断いただいたが、医師を信頼できずに京都にたどり着く)。手術は1500人待ち、表には出てない特別室(全く特別ではない部屋でがっかり・・・www)は1泊10万程度でしたが、背に腹はかえれないので、病院からの条件を了承いたしました。元々、右手小指・薬指が麻痺をして動きませんでしたが、手術をしてもやはり脊髄にまで圧迫がされてたようで回復にはいたりませんでした。ただ、元々痺れがなかった左指、親指・人差し指他にも痺れがでるようになってしましました・・・(泣)痺れのことは、両先生に相談しても全く相手にはしてくれません・・・おそらく両先生は、両手両足の麻痺の進行を遅らせた(Kメソッド手術により)のだから、後は自分のリハビリなどで何とかせいと思ってるかと存じます(名医には間違いありませんが、私の中では手術職人「頸椎切り屋」という印象です)。毎年1回は検診に京都まで行ってますが、CT以外の診察は1分ですので。。。
手術後の満足度は低い(コスパ含み)ですが、今はジムにも通い筋トレ・エアロビなどもしております。毎朝起きるたびに、手足が動かなくなるかもという不安はなくなりませんが、京都見物もいっぱいできたし、後は適度の筋力を肩・首周りに付け可能なことを実行しようと思います。京都の名医は、毎朝7時に病室を見回り声も掛けてくれます!腕は間違いありませんが神様ではありませんので、ご自身の症状と照らし合わせてご判断するしかないです(担当する医師を信頼できるかできないかということに尽きるかと存じます)。
 

さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月26日(金)12時54分43秒
  こんにちは。
汗、全く同じです。少し暑い日の満員電車・・・「なんでやねん!」と思わず止まらない汗に突っ込んだほど。
さおたんさん言う通り、自律神経でしょうね。他にも自律神経障害による不具合色々出てますし。(決して更年期ではないっ!笑)

 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月26日(金)08時05分20秒
  おはようございます。
傷口の感覚はいずれ戻るのならば良かったです。それと元々汗かきの方ではあるものの、手術後後頭部の汗かきがひどくなった気がします。
年齢的にもついに更年期がやってきたのかと思っていましたが笑っ、首なので自律神経にも影響してるのかとも思います。これからの季節困ります。後頭部以外は案外汗もかかないんですけどね。ちょっと張り切ってお掃除したりするとダラダラと汗が(T▽T)
運転は中古の年期の入った軽自動車なので、足回りがガタきているのか、あまり無理しないようにします。ありがとうございました。
 

とっさんさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月26日(金)07時58分51秒
  はじめまして。
情報ありがとうございます。OPLL 患者会なんてあるんですね。私は東北の田舎なので、うちの方はないかな?
同じ難病で治療や経過に不安をもつかたにとってはとてもありがたいです。私は首こりとゆうか肩凝りのほあがひどいです。おそらくc4.5.6なので傷口が首の真ん中より下の方なので、そのせいかと思ってます。ストレッチするだけでだいぶ違いますが、この梅雨時期の気温の差に堪えています。ありがとうございました。
 

さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月26日(金)00時40分19秒
  車の運転、結構しんどいですよね。同じ姿勢が長いというのもあるし、振動やカーブの横Gで実はかなり首を使ってるんですよ。
私なんて未だに軽自動車だとしんどいです。あと、不安定な椅子も辛い。会社のタイヤのついたやや偉そうな(笑)椅子は勝手に固い椅子に替えました。おかげで役職者としてはまぁ~威厳のないこと。

忘れてましたけど、傷口の無感覚についてですが、多分その内戻ります。私のはちょっと特殊な切り方なので、同じ経過をとるか正確にはわかりませんが、私も初めは無感覚で気持ち悪かったですが、知らない間に戻ってました。
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月26日(金)00時11分39秒
  実は少し前から気になってたんです。まだまだ活動的な生活をしたい年齢でしょうし、結構シビアな上位頸椎の除圧をされてるようでしたし。
私は術前に手術のことをできる限り調べました。論文とか専門書、経験者の話、複数の名医と言われる方々との対話等・・・。結果、手術の限界というのもよくわかりました。そして、術後のリハでどれだけカバーできるかがキモになると思い、腕のいい理学療法士や割と有名な鍼灸整骨院の先生に色々教わってから手術に臨みました。今も、理学療法士や執刀医の方とは色々細かいことを話しています。
なので、もし、そこで得たものが少しでも役立てば・・・と思ったんですが(-_-;)
さて、私のリハですが、こんな感じなので、ちょっと細かすぎて「なるほど」となるには板に書くのが難しく・・・。かなりザックリいうと、まず、元々または術後固くなってしまった首から遠いところからほぐしていきます(足首→股関節→肩甲骨→肩関節)。私はまだ肩甲骨周りが固いので肩関節はごく軽くしかやってません。術後の痛みには肩甲骨周りの筋肉が結構キモになるらしく、特に二つの肩甲骨を近づけるストレッチや強化が大切だそうです(遠ざける動きは逆効果らしい)。あと、首に負担を掛けないような腹筋をやってます。首のストレッチは一切やっていません。
とにかく、首に負担がかからない姿勢作りと血流改善をテーマにやっています。目指すのは早く治すことではなく、長期予後をいかによくするかなので。
実際、他には歩くくらいしかやってないのですが、後弯気味だった頸椎カーブが理想的な前弯角度に変わり、理学療法士からは「後方からの手術を受けた人の頸肩周りとは思えないくらい筋肉が柔らかい」と言われるようになりました。 私は中心性脊損による神経症状があるため、筋肉の状態を良く保っても、中々すっきりとはいかないんですけどね。
漠然とした内容にもかかわらず、無駄に長くなってしまいすみません。
何とか工夫して、お互いもっと活動的な日常を取り戻せるよう頑張りましょう。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月25日(木)21時05分55秒
  親身になって考えていただき、本当にありがとうございます。
棘突起については説明を受けていない為、よくわかりません。ただ、右側の筋肉は特に触っていないようです?
ちなみに、通りすがりさんは、どのようなリハビリをされていますか?
 

さおたんさんへ

 投稿者:とっさん  投稿日:2017年 5月25日(木)20時34分42秒
  初めまして。昨年5が月にC2C7を削りC3からC6にスペーサーを入れる後方椎弓形成術をしました。いまだに、首コリ痛み痺れが取れません。片開きで棘突起が再生されませんでした。その影響か辛い毎日です。さおたんさんは、両開きでしたね。もし棘突起の影響でしたら、参考に兵庫opllの患者会のブログのメニューで術後の首コリ対策で中村さんが書いてます。お身体を大事にして下さい。
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月25日(木)18時57分13秒
  片開き椎弓形成術だったのですね。その際、棘突起は再建されました?もしされていれば、右側の棘突起付着筋肉を温存する術式の可能性があるので、たかひろさんのおっしゃる通りだと思います。検討外れで申し訳ないです。
私も右側だけを温存していて、(私の場合左よりの中心性脊損の影響も大きいですが)左側に痛みが出やすいです。
もし、棘突起を温存していなければ、左側の片開きであれ、脊柱管の右側に開くための溝を掘らないといけないので、右側(の筋肉)も侵襲されますので「左右バランス」という意味では手術の影響とは違うかもしれません。
いずれにせよ、最初の私の推測がずれていたので、根本的に参考になるようなアドバイスができずすみません。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月25日(木)17時16分47秒
  アドバイスありがとうございます(^^)
首の左側が痛いのは、片開きの手技によるものだと思われます。左側からアプローチしているので…。筋肉の左右のバランスがおかしいのもこのせいかなと。右側の筋肉は正常なわけです。
筋力をつけるより仕方ないのかなと思ったのですが、なかなか上手くいきません。
一年半、そろそろ普通に生活したい気持ちでいっぱいです。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月25日(木)08時22分24秒
  いつもありがとうございます。
最近、車の運転を少し距離を伸ばし隣街まで行ってみましたが、やはり車の運転は結構厳しかったです。同じ体制でいるのは、結構負担になりますね。
私の手術を出頭していただいた医師は、全国的にも有名な脊椎の名医で、医大在籍医師なのですが、私の住む田舎街にわざわざ出向いて手術してくれました。
今後も1ヶ月に1度診察を受け経過をみていくようです。なかなか私の年代でのこの手術は珍しいようですね。ネットでOPLL の持病を持ちながら看護師の仕事を続けるかたもいることを知りました。
これまで子育ての為に無我夢中で仕事をした20年でした。どこまで仕事を続けることができるかわかりませんが、私は病気には負けません。
むしろこの状況を乗り越え、患者さんにより親身になって仕事ができそうです。7月からの復帰を主治医と約束しました。最近、メキメキ良くなっていたのが停滞期に入ってしまいましたが、焦らず少しずつ頑張ります。この梅雨の時期は体調にはこたえますね。みなさんも同じでしょうか?
OPLL の前方からの手術はリスクも伴うとのことで、大学病院でしか出来ないといわれています。
 

さおたんさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月25日(木)00時20分17秒
  術前の説明、凄くちゃんとしてくれるいい医師ですね。そして、その説明をきちんと受け止めているあたりはさすが看護士さん!ですね。
先の不安、あると思いますが、仮に骨化が大きくなったとしても、「前方からの手術」という手が残ってる(同じ病院でできる)んですよ。
opll で椎弓形成術を受けたが、その後骨化が成長したことによりまたひどい症状がでてきた人が同じ病院にいってそれを訴えてもその病院では前方から直接骨化部を削りにいく手術ができないので、いつまでも「特に問題ない」とされ様子見という名の放置をされ、取り返しのつかないレベルまで悪化した・・・というのは意外とよくある話なんですよ。
さおたんさんは、今後も定期的に検査されるでしょうから、万が一、骨化が進行しても酷くならない内に前方アプローチができる状態なので、「不安」ではなく「安心」なんです。
復職も、きっと大丈夫。もちろん、今まで通りできないことも出てくるかもしれませんが、その分この病気によって看護士として新たな武器を得てますしね。
術後経過も書き込み読む限り、凄く良さそう。私の経過よりずっと早いペースでできることが増えてます。ここからの1ヶ月でさらに回復を実感できると思いますので、楽しみに頑張って下さい。 私も頑張ります。
 

ししまるさん

 投稿者:たく  投稿日:2017年 5月24日(水)16時28分11秒
  自分の会社も同じ様なものです。
検索サイトに自社の名前を入れて検索すると、1番候補にブラックって出てきますからね(笑)
いまは以前よりマシにはなってきたので、グレーぐらいにはなったかな?

コメント有難うございました。
 

たかひろさん

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月24日(水)14時14分47秒
  c2の棘突起には、頭を上向きに保つ筋肉と腕、肩を引っ張り上げるのにそれぞれ重要な筋肉が付着しています。特に頭がを上向きに保つ筋肉が手術により侵襲されていますので、「首をおこすとつらい」はこれによるものかと。(私はc3~c5の椎弓形成術後6ヶ月ですが、下向き姿勢をキープしない限り特に辛さはありません)
)   ただ、その後、頭が上げにくいことにより頸椎のカーブが崩れ、慢性的なムチウチのような状態になることが多いのですが、そこが回避できていることは本当に良かったと思います(この点、私が想像していた経過といい意味で違いました)。
さて、左側に痛みが集中してきたとのことですが、術後、結構無理されました?c2を処置されたので、術後は普通にバランスよく立位をキープするだけでも一部の筋肉にかなり負担がかかるはずです。恐らく術前の時点で元々強かった右サイドに偏った身体の使い方をすることで何とかしのいでいたのかなと。結果さらに左右バランスが悪くなって、そもそも一部の筋肉に負担をかけざるを得ない構造になって血流が悪くなりやすい状態の下で筋力の弱くなった左側の血流が輪をかけて悪くなったのかなと想像します。
今、首の左側が、固くなっているようでしたら無理に頸のストレッチをするのではなく、足首、股関節、肩甲骨、(辛くなければ肩関節)のストレッチをして周りから血流を上げていくようにしてみたらいかがでしょうか?
頸は付け根以外が痛くなったら無理をしない範囲でできるだけ立てるということ以外はやらない方がいいと思います。
時間はかかると思いますが、これで左側の頸がほぐれれば、また次のステップに進めばと思います。
参考になったか分かりませんが、少しでも何かのヒントになれば幸いです。
 

術後の頸部痛、肩凝り

 投稿者:さおたん  投稿日:2017年 5月24日(水)08時51分31秒
  OPLL の頸椎椎弓拡大術後、1ヶ月すぎました。私はC4.5.6の椎弓を両開きでそれぞれ人工骨を入れる手術をしました。
術前は右手の握力低下、手先の使いずらさの症状と共に肩から背中にかけての痛み、右腕のだるさがありました。術後よくなったのは右手の痛みだけで他の症状は消えていませんし、むしろ後方から手術したことにより肩凝りはひどくなりました。でも術前に主治医よりあくまでも今回の手術は最悪の頸椎圧迫によるねたきりを予防する対症療法でしかないと言われております。今後の経過によっては前方からの手術もしなくてはいけなくなるともいわれています。
OPLL は年令が早く発症した人ほど、進行が早いとか言われました。私は40才の女性です。看護師の仕事をしてます。今は休職中ですが1日も早く戻りたいです。
先々のこと考えると不安でたまりません。家族やこの掲示板がどれ程私の励みになったことか。感謝をしております。
 

通りすがりさんへ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2017年 5月24日(水)00時46分59秒
  コメントありがとうございます。

確かに、痛む場所は時間の経過と共に変化があったように思います。
最初の頃は後頭部全体が重だるく、パンパンに張ってしまう感じでしたが、今は首の左側に痛みが集中しています。引きつれが増したような… 癒着?してしまったのかな、と考える次第です。左右でとてもバランスが悪いです。
レントゲンでは異常なしでした。オペ前、オペ後変化はありません。
何かアドバイスありますでしょうか?
 

レンタル掲示板
/8