teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


DMSESについて

 投稿者:ホンボユウコメール  投稿日:2009年 6月19日(金)22時26分42秒
返信・引用
  はじめまして。公立病院で透析室看護師をしているものです。今年看護研究を受け持つことになりました。そこで前からなんとかしたいと思っていた水分管理(体重管理)指導内容の見直しを行い、患者の自己効力感を高める援助を模索し、いろいろな事を行うつもりでいます。その新たな指導方法、内容について開始前と開始後の患者の自己効力感を測定し評価できないかと思っています。介入期間は2ヶ月ほど予定しています。先生の作成されたDMSESでの評価はできるでしょうか?他にもし水分管理に対する自己効力感尺度の文献などありましたら教えていただけないでしょうか。お忙しい中まことにすいませんがよろしくお願いします  
 

Re: 頑張ります!

 投稿者:岡美智代  投稿日:2009年 6月16日(火)18時58分59秒
返信・引用
  > No.328[元記事へ]

安藤さんへのお返事です。

 丁寧なお手紙と計画書、ありがとうございました。
> 先生からのお返事をいただき、患者様より先に私の自己効力感がアップいたしました。
> 頑張ります!!
 そうですね。まずは、わたしたち看護師もできるところから始めましょう。
 

Re: リバウンド後の介入について

 投稿者:岡美智代  投稿日:2009年 6月16日(火)18時57分31秒
返信・引用
  > No.327[元記事へ]

松尾さんへのお返事です。

 リバウンド時の対処方法はたくさんあります。まずは、基本的なことを2点ご紹介します。

 リバウンドはなにがどの程度みられたのでしょうか?目標は体重ですか?行動ですか?
 本当にリバウンドしているのかということから再確認してみましょう。

1.介入前の体重の平均と介入中の平均、そして介入後の平均はきちんと計算なさいましたか?案外、透析経過用紙だけパラパラと見て、たまに多い日があると「だめだ、守れていない」と判断してしまうことが多いようです。

2.行動目標は何でしょうか?体重や検査データなどの医学的に見た客観的データだけで判断していませんか?患者さんの自己申告による行動目標の変化も確認しましょう。まずは、患者さんの自己申告を信じるところから信頼関係は始まります。
 先日開催された日本透析医学会でも、行動目標を評価していない研究発表がありました。私たちは、つい客観的データだけを注目しがちです。しかし、たとえ客観的データの改善が見られなくても、行動目標が改善すればまずはそれを評価してあげましょう。

 他の事項に関しては、参考文献のno.19にも詳しく書いてあります。ご参照ください。
http://oka.dept.health.gunma-u.ac.jp/~michiyo/program/content/7.html
 

Re: 外来での導入について

 投稿者:岡美智代  投稿日:2009年 6月16日(火)18時43分23秒
返信・引用
  > No.326[元記事へ]

エビさんへのお返事です。

> 「私が行いたいのはこのような看護なのかもしれない!」
その気持ち大切です!!

 参考文献は、このホームページのこちらにあります。No.19, 20, 21, 24あたりがお勧めです。
http://oka.dept.health.gunma-u.ac.jp/~michiyo/program/content/7.html

書籍であれば、netでアマゾンなどから購入することができます。
また、国立国会図書館では複写サービスもやっています。
http://opac.ndl.go.jp/

 どうしても入手できない場合は岡にご連絡ください。

 糖尿病患者さんにも活用していますよ。昨年、栄養士さんが糖尿病患者さんに実施して、減量に成功したと報告してくれました。もちろん看護師でも活用できます。
 外来でも大丈夫です。通院が2週間以上あく場合、telでフォローすると良いですね。
是非、頑張ってください!!
 

頑張ります!

 投稿者:安藤メール  投稿日:2009年 6月16日(火)08時46分40秒
返信・引用
  岡先生へ
昨日、尺度の使用承諾書が届きました。
お忙しい中、私どもにお時間を割いていただきありがとうございました。
先生からのお返事をいただき、患者様より先に私の自己効力感がアップいたしました。
頑張ります!!
また、結果などご報告させていただきたいと思います。
 

リバウンド後の介入について

 投稿者:松尾  投稿日:2009年 6月 4日(木)22時23分18秒
返信・引用
  以前、岡先生の技法を参考にさせて頂き、行動変容プログラムを用いて、患者(A氏)の塩分管理を改善させることに成功しました。しかし、その後リバウンドが見られたため、もう一度セルフモニタリングや面接と、以前の様に介入しているのですが、全くと言っていいほど、A氏に変わりが見られません。A氏は「塩分に気をつけたい」「前みたいに頑張る」と言われています。
二度目の介入を開始してから3ヶ月近く経とうとしています。正直、このままの介入の仕方でいいのか?意味があるのか?などと悩んでいます。
もし、リバウンド後の介入ポイントやアドバイス、又は参考文献などあれば教えていただきたく、投稿させていただきました。長々とすみませんが、よろしくお願いします。
 

外来での導入について

 投稿者:エビメール  投稿日:2009年 6月 3日(水)21時51分29秒
返信・引用
  はじめまして、内科外来に勤務して一年のNsです。先生の記事をはじめて読んで「私が行いたいのはこのような看護なのかもしれない!」と思い、いてもたってもおられずHpを探し当て、メールしている次第です。 当院では糖尿病患者さんの教育入院を行ってはおりますが、継続看護の意味で、また教育入院に到る前に外来でのEASE導入により未然に防げないものか… と思っております。 皆さんの記事を拝見していると透析患者さんへの導入がやはり目立ちますが、糖尿病患者さんへの外来導入は可能でしょうか?
まだまだ勉強不足なので初歩的な質問をして申し訳ありませんが教えて下さい。私の住んでいる田舎は大きな書店まで赴くのに約3時間ほどかかります。参考文献などの入手方法やどのような文献があるのかも教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。
 

Re: 使用承諾書について

 投稿者:岡美智代メール  投稿日:2009年 5月31日(日)16時05分29秒
返信・引用
  > No.324[元記事へ]

安藤さんへのお返事です。

特に規定はありませんので、任意で作成した物をお送りください。

> 岡先生へ
> 度々、失礼いたします。勉強不足で申し訳ありません。
> 尺度の使用承諾書についてですが、先生の規定の書類がございますか?
> こちらで作成したものを、お送りするかたちでよろしいでしょうか?
 

使用承諾書について

 投稿者:安藤  投稿日:2009年 5月29日(金)16時23分25秒
返信・引用
  岡先生へ
度々、失礼いたします。勉強不足で申し訳ありません。
尺度の使用承諾書についてですが、先生の規定の書類がございますか?
こちらで作成したものを、お送りするかたちでよろしいでしょうか?
 

尺度の使用について

 投稿者:安藤メール  投稿日:2009年 5月28日(木)01時40分25秒
返信・引用
  岡先生へ
ご多忙中、お返事をありがとうございました。
早速、必要書類をそろえて送らせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/38