teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【緊急のお知らせ】

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月25日(火)07時40分38秒
   誠に申し訳ありませんが、勝手ながら一身上の都合により、メルマガを廃刊す

ることになりました。4月以降発行いたしませんので、何卒ご了承ください。

長い間、ご購読ありがとうございました。
 
 

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月20日(木)08時47分5秒
  20日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1720万株、買い1220万株で、差し引き500万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(6社ベース)は買い越し。売りセクターに、輸送用機器、化学、機械、自動車、銀行、小売、商社、電力、医薬品、鉱業、情報、通信業など。買いセクターに、陸運業、小売業、情報、通信業、食品、医薬品、機械、商社、海運、電気機器、その他金融、ガラス土石など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月20日(木)08時45分46秒
  日経平均株価は続伸して始まりそうだ。米連邦準備理事会(FRB)が前日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け、FRBが利上げの再開時期を市場の想定よりも前倒しするとの観測が浮上。外国為替市場で円相場が下落したのを好感した買いが、主力の輸出関連株に先行する公算が大きい。前日の米株式相場が3営業日ぶりに反落したのは重荷だが、米国が金融政策の「出口」に着実に向かっているとの見方から円相場が一段安となれば日本株が戻りを試す場面も見込まれる。日経平均は終値での1万4500円台回復を視野に入れた推移となりそうだ。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月18日(火)08時46分1秒
  日経平均株価は反発か。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が反発したことを受けて投資家心理がやや改善しそうだ。前日までの4営業日で日経平均が1000円近く下げている反動もあり、押し目買いが入ることも考えられる。市場ではきょうの日経平均は、前日の値幅を小幅に上回る1万4200~1万4400円程度で推移するとの見方があった。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月17日(月)09時00分32秒
  17日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1730万株、買い1310万株で、差し引き420万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)も売り越し。売りセクターに、電機、通信、商社、銀行、情報通信、薬品、機械、小売など。買いセクターに、化学、通信、小売、精密、食品、証券、情報通信、保険など」(外資系証券)という。  

□今週の予定

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月17日(月)08時31分31秒
  ◇17日(月)
・月例経済報告(内閣府)
・インド市場が休場
・3月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)
・1月の対米証券投資(22:00)
・2月の米鉱工業生産(22:15)
・2月の米設備稼働率(22:15)
・3月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)

◇18日(火)
・閣議
・政策評価懇談会(財務省、10:30)
・長谷川同友会代表幹事が記者会見(13:30)
・東証1部上場=日立マクセル
・豪中銀の理事会議事録(4日開催分、9:30)
・2月の中国主要70都市の住宅価格動向
・トルコ中銀が政策金利を発表(時間未定)
・欧州連合(EU)外相理事会(ブリュッセル)
・1月のユーロ圏貿易収支(19:00)
・3月の欧州経済研究センター(ZEW)独景気予測指数(19:00)
・2月の米消費者物価指数(CPI、21:30)
・2月の米住宅着工件数(21:30)
・海外12月~2月期決算=アドビ・システムズ、オラクル

◇19日(水)
・3月のQUICK短観(8:30)
・2月の貿易統計(財務省、8:50)
・木内日銀審議委員が金融経済懇談会であいさつ(大津市、10:30)、記者会見(14:00)
・2月の電力需要実績(電気事業連合会、11:00)
・2月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
・1月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
・稲野日証協会長が記者会見(14:30)
・2月の粗鋼生産量(日本鉄鋼連盟、14:00)
・黒田日銀総裁が講演(都内、14:00)
・2月の民生用電子機器の国内出荷実績(電子情報技術産業協会、14:00)
・2月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
・三村日商会頭が記者会見(15:30)
・山田JR東海社長が記者会見(16:00)
・東証1部上場=ジャパンディスプレイ
・英中銀の金融政策委員会議事録(5~6日開催、18:30)
・2月の英失業率(18:30)
・佐藤日銀審議委員が講演(ニューヨーク、21:30)
・10~12月期の米経常収支(21:30)
・米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表(20日3:00)
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長会見(20日3:30)

◇20日(木)
・2月の白物家電の国内出荷実績(日本電機工業会、10:00)
・豊田自工会会長会見(11:15)
・小林石化協会長が会見(11:40)
・2月のエチレン国内生産実績(石油化学工業協会、11:40)
・若林信託協会長が記者会見(14:00)
・二宮損保協会長が記者会見(15:00)
・2月のコンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
・黒田日銀総裁が講演(都内、16:15)
・ジャスダック上場=ホットマン
・10~12月期のニュージーランド国内総生産(GDP)
・欧州連合(EU)首脳会議(ブリュッセル、21日まで)
・スイス中銀が政策金利を発表
・2月の米中古住宅販売件数(23:00)
・3月のフィラデルフィア連銀景気指数(23:00)
・2月の米景気先行指標総合指数(23:00)
・2月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(21日7:00)

◇21日(金)
・春分の日
・マレーシアの2月CPI
・黒田総裁がロンドンで講演(22日1:30)
(注)時間は日本時間
 

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月14日(金)08時50分25秒
  14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1380万株、買い1950万株で、差し引き570万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)は売り越し。売りセクターに、電機、精密、その他製品、通信、ゲーム、化学、情報通信、小売、ガス、薬品、空運、機械など。買いセクターに、機械、化学、小売、陸運、自動車、食品、電機、証券、ガス、不動産、保険など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月14日(金)08時44分6秒
  日経平均株価は続落か。前日の米株式市場の大幅続落や円相場の上昇を受けて、幅広い銘柄で売りが先行する可能性が高い。ウクライナ情勢に不透明感が広がっていることにくわえ、中国の景気減速や信用収縮への警戒感から投資家が運用リスクを取りにくい状況は続きそうだ。日経平均は心理的な節目である1万4500円を巡る攻防が予想される。半面、PER(株価収益率)などの指標面では割安感も強まっており、下値では値ごろ感に注目した買いが入りそうだ。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月13日(木)08時45分33秒
  日経平均株価は小幅に続落か。前日の米ダウ工業株30種平均の続落や円相場の上昇を受けて売りが先行しそうだ。中国の信用収縮への懸念から投機的な取引に使われていた銅の価格が急落しており、中国景気の減速懸念が再び強まっている。半面、日経平均は前日に400円近く下落しており、下値では買い戻しの動きもみられそうだ。日経平均は1万4700~1万4850円を中心に推移するとみられる。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月11日(火)08時52分11秒
  11日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1440万株、買い2150万株で、差し引き710万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し。売りセクターに、通信、鉱業、薬品、電機、銀行、化学、空運、海運、自動車、小売など。買いセクターに、通信、情報通信、電機、空運、機械、保険、薬品、サービス、化学など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月11日(火)08時45分0秒
  日経平均株価は反発か。前日は中国の経済指標の悪化を材料に世界市場で株売りの動きが広がったが、米株式相場は引けにかけて下げ渋った。東京市場での売りが一巡したとすれば、買い戻しが優勢になるだろう。一方、日銀の金融政策決定会合の結果発表と黒田東彦総裁の記者会見を控え、総じて動意は乏しそうだ。市場では日経平均は1万5100円~1万5300円の範囲を中心に推移するとの声が聞かれた。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月 6日(木)08時44分32秒
  6日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り2640万株、買い2160万株で、差し引き480万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)は買い越し。売りセクターに、不動産、小売、建設、通信、輸送用機器、薬品、電機、卸売、その他製品、化学、陸運、機械など。買いセクターに、電機、薬品、輸送用機器、銀行、化学、陸運、食品、ガラス土石、自動車、小売、不動産、情報通信など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月 6日(木)07時58分11秒
  日経平均株価はもみ合いか。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が反落したことや低調な米経済指標の発表が相次いだことから、利益確定目的の売りが出そうだ。ただウクライナ情勢がひとまず落ちついていることから、投資家心理はやや改善しており、下値では買いが入るとみられる。市場では、日経平均は前日終値の1万4897円を挟み、一進一退の展開になるとの見方が多い。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月 5日(水)08時42分36秒
  5日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1290万株、買い1330万株で、差し引き40万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(6社ベース)は売り越し。売りセクターに、小売、精密、電気ガス、建設、化学、電機、証券、通信、自動車、薬品、サービス、銀行、紙パなど。買いセクターに、食品、機械、陸運、薬品、石油、自動車、小売、証券、銀行、損保、商社、電気ガス、化学など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月 5日(水)08時30分41秒
  日経平均株価は大幅に続伸か。ロシアとウクライナの緊張が和らぎ、当面は軍事衝突が回避されるとの見方から、投資家の運用リスクを回避する動きが後退している。前日の欧米株式相場は大きく反発しており、東京市場でも幅広い銘柄に買いが入るとみられる。外国為替市場で円相場が102円台前半と前日より下落していることも支えとなり、日経平均は心理的な節目の水準である1万5000円台を試す展開となるだろう。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月 4日(火)08時53分2秒
  4日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1930万株、買い1140万株で、差し引き790万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。売りセクターに、自動車、通信、電機、海運、精密、銀行、鉱業、証券、商社など。買いセクターに、機械、通信、電機、証券、食品、精密、輸送用機器、情報通信、銀行など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 3月 4日(火)08時47分2秒
  日経平均株価は続落して始まる可能性が高い。前日の米株式相場が反落したのを受け、主力株に売りが先行しそうだ。ウクライナを巡るロシアと米欧の対立が深まっており、投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方が広がりやすい。日経平均は心理的な節目である1万4500円を下回る場面もありそうだ。半面、PER(株価収益率)などの指標面では日本株の割安感も強まっており、下値では値ごろ感に着目した買いが相場を支えそうだ。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月28日(金)08時39分24秒
  28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1290万株、買い1940万株で、差し引き650万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し。売りセクターに、紙パ、化学、電機、小売、ガラス土石、精密、非鉄、銀行、薬品、証券、建設など。買いセクターに、化学、ガラス土石、機械、電機、商社、小売、薬品、銀行、通信、食品、ゴム、陸運など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月28日(金)08時06分57秒
  日経平均株価は前日終値(1万4923円)を挟んでの小動きか。前日の米株式相場は上昇したものの、円相場は1ドル=102円台前半で高止まりしている。運用リスクを取りやすくなっている海外の短期マネーは、米株高を手掛かりに株価指数先物などへの買いを継続させそうだが、ウクライナ情勢の混迷など新興国動向に対する警戒ムードも強い。週末要因もあって、積極的に持ち高を買いに傾ける動きは限られるだろう。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月26日(水)08時56分3秒
  26日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1130万株、買い1030万株で、差し引き100万株の売り越し。売り越しは4営業日ぶり。金額(6社ベース)は買い越し。売りセクターに、電機、化学、銀行、輸送用機器、情報通信、空運、建設、薬品、機械など。買いセクターに、証券、輸送用機器、サービス、鉄鋼、機械、不動産、電力、商社、情報通信、自動車、食品、陸運など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月26日(水)08時54分30秒
  日経平均株価は反落か。25日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が反落したことや朝方の外国為替市場で円相場が前日よりやや円高・ドル安で推移していることを背景に、東京株式市場では利益確定目的の売りが出そうだ。25日に日経平均が心理的な節目となる1万5000円を上回ったのを受けて「投資家心理がやや改善してきた」との指摘もあり、下値では押し目買いも入るとみられる。市場では日経平均は1万4800~1万5100円で推移するとの見方があった。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月21日(金)08時57分56秒
  日経平均株価は反発か。前日の米国市場でダウ工業株30種平均が3営業日ぶりに反発したことや、朝方の外国為替相場が前日より円安・ドル高で推移していることから、日本でも主力株を中心に買いが先行しそうだ。前日の日経平均が300円超も下落したのを受けて、値ごろ感から買い戻しも入るとみられる。市場では、きょうの日経平均は1万4400~4600円で推移するとの見方があった。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月20日(木)08時45分7秒
  20日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1570万株、買い1290万株で、差し引き280万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(6社ベース)は買い越し。売りセクターに、鉄鋼、化学、食品、鉱業、薬品、輸送用機器、証券、機械、電機、金属など。買いセクターに、サービス、機械、建設、ゴム、電機、化学、銀行、陸運、自動車、食品など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月20日(木)08時32分4秒
  日経平均株価は続落か。前日の米ダウ工業株30種平均が住宅指標の低迷などを受けて続落した。日本でも主力株を中心に売りが波及する公算が大きい。最近は東証1部の売買代金が2兆円を割り込む日があるなど、売買は活気をやや失っている。18日の日経平均が450円高と急伸した反動への警戒感も残っており、終日1万4700円前後での一進一退が想定される。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月19日(水)08時54分16秒
  19日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1420万株、買い2030万株で、差し引き610万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し。売りセクターに、その他製品、化学、精密、銀行、証券、薬品、機械、保険、自動車、電力、ガスなど。買いセクターに、サービス、輸送用機器、機械、自動車、小売、食品、商社、銀行、陸運、金属、建設など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月19日(水)08時44分53秒
  日経平均株価は反落して始まりそうだ。日銀の貸し出し増加を支援する制度の拡充決定を受け、前日の日経平均は450円高とほぼ半年ぶりの上げ幅となった。急上昇の反動で利益確定目的の売りが出やすいうえ、米景気の先行き警戒感もくすぶり幅広い銘柄に売りが先行する公算が大きい。半面、外国為替市場で円相場が落ち着いた推移となっており、自動車など輸出関連株への買いが相場を支えそうだ。日経平均は1万4800円を中心にもみ合う展開が予想される。  

□4689 ヤフー

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月18日(火)09時32分54秒
  ゴールドマン・サックス証券では、EC事業のさまざまな具体策が明らかになり、戦略面の先行き不透明感が解消されたことや成果が順調に表れている点を考慮し、目標株価を引き上げ。新たに「コンビクション・リスト」に追加した。同社によると、足もとの流通総額は7~9月に前年比-1%だったのに対して、1月には同+2ケタ(%)まで回復したもよう。大手店舗/メーカー直販/中小・個人店舗の獲得も順調に進んでおり、今後もモメンタム改善は続く見込み。また、ディスプレイ広告の中長期的な拡大余地を市場は引き続き、過小評価しているとの見方を示した。

今後も、流通総額の進ちょくやEC事業に関する追加施策の発表がカタリスト。これまでの流通総額の改善は「従来やってこなかった当たり前のこと」をやったことによる成果であり、出店数拡大の効果はこれから具現化される(出店申し込み約9万件中約1万件が開店した段階)。大手店舗の売れ筋商品、メーカー直販のオリジナル商品、中小・個人店舗による新ジャンルの商品(農産品、地方名産品、期間限定の格安品)などの登場により、ECはさらに活性化すると予想。今年後半には前年比20%を超える成長に達すると推測した。広告事業では、市場期待を上回るディスプレイ広告の拡大がカタリスト。

以上を踏まえ、今14.3期営業利益予想を会社計画1961億円に対して1972億円(EPS 21.5円)→1976億円(EPS 21.5円)、来15.3期予想を2085億円(EPS 23.4円)→2067億円(EPS 23.2円)、16.3期予想を2355億円(EPS 26.4円)→2356億円(EPS 26.4円)と変更。投資判断「買い」を継続、目標株価を650円→750円と引き上げ、「コンビクション・リスト」に新規採用した。
 

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月13日(木)08時47分24秒
  13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1040万株、買い1430万株で、差し引き390万株の買い越し。買い越しは6営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し。売りセクターに、銀行・化学・その他製品・小売・機械・薬品・ガラス土石・電機・商社・不動産・サービスなど。買いセクターに、サービス・その他金融・機械・自動車・商社・ガラス土石・食品・精密・情報通信・小売など」(外資系証券)という。  

□今日の相場見通し

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月13日(木)08時32分55秒
  日経平均株価は反落か。前日の欧州株式相場が軒並み上昇した一方、米株式市場でダウ工業株30種平均が5営業日ぶりに反落した。日経平均は前日までの3日続伸で600円あまり上昇しており、当面の利益を確定する目的の売りが出やすい。主要企業の2013年4~12月期決算発表の一巡で目新しい材料も乏しく、終日1万4700円台を中心にしたもみ合いとなりそうだ。  

□主要外国証券経由の注文動向

 投稿者:あけらく  投稿日:2014年 2月12日(水)08時58分27秒
  12日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1390万株、買い2210万株で、差し引き820万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。金額(6社ベース)も買い越し。売りセクターに、輸送用機器・化学・ガラス・土石・小売・機械・サービス・電機・薬品・不動産・建設・食品など。買いセクターに、サービス・その他金融・銀行・自動車・商社・通信・電機・精密・海運・食品・証券・情報通信など」(外資系証券)という。  

レンタル掲示板
/42