teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


えさし藤原の郷定期公演

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 5月 5日(土)14時57分28秒
  明日5月6日はえさし藤原の郷で踊ります! 私にとっては今年初の踊りです(^◇^;)    
 

ありがとうございました

 投稿者:宮城のオイカワ  投稿日:2018年 4月29日(日)08時24分47秒
  マニア様ご教示ありがとうございます。教えて戴いた事柄をまとめ、6月以降お送りいたします。4月は何かと忙しく、本日文面を見させて戴きました。  

及川様へ

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 4月17日(火)15時50分38秒
  平成25年(2013)11月17日、江刺体育文化会館の【ザ・ササラ鹿踊の祈り】という公演にて、早川流清水目八鹿踊保存会さんが、坊主踊りを披露されています…この演目は清水目さんもしばらくぶりの公演だったとか…これがまた衝撃的で凄く面白かったです!  

電話長々とすみませんでした(^◇^;)

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 4月15日(日)10時35分16秒
  多くの謎がみられる気仙地域の鹿踊りを纏めるのは大変な事ですが、及川さんが纏めて問題提起となり、今後の調査や伝承活動に後押しなる事を願っています! ありがとうございます(o^^o)  参考にした文献の出所は纏めていますが、この文はこの文献とか及川さんのように詳細を加えてないので、そこらへんは追加したいと思います(^◇^;)  自分で見聞きしたのや考察も多いですけどね(^◇^;)  碑や伝書には少なからず大事な情報がありますので、機会がありましたら碑や伝書の調査も進めていただけると私も助かります(^◇^;)  今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m  

おはようございます?

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 4月15日(日)08時50分5秒
  昨日届いていたので、今日じっくり読ませていただきます(o^^o)  

送りました

 投稿者:宮城のオイカワ  投稿日:2018年 4月15日(日)05時32分33秒
  マニアさんありがとうございます。気仙地方の鹿踊に関して、調べたものを12日に郵送しましたので、よろしくお願いします。  

シガリとメジシ

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 4月13日(金)11時20分59秒
  どうやらメジシは中立とシガリの間に入るようです(^◇^;)  

お久しぶりです

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 4月13日(金)09時43分43秒
  シガリ(殿?)は確かに気仙独特みたいですね…そして9人の時は女鹿が入ると言われてますが…9人隊列は縦に3人横3人…8人隊列は真ん中2人で脇は3人でしたね…何故シガリと呼ぶのかは私はわかりません…気仙地域は構成がどうなってるのかも調べたことないです(^◇^;)    

柿内沢鹿踊について中立さん教えてください

 投稿者:宮城のオイカワ  投稿日:2018年 4月13日(金)09時31分24秒
  昨年8月に、大東で柿内沢鹿踊の中立さんとお話する機会があり、その際に伺ったお話、「柿内沢鹿踊はかつては9人で踊った。現在は8人で踊るがそこにはメジシがいない。メジシ役にはシガリと呼ぶ鹿がいる。9人で踊る際には9人目にメジシをいれる。」とのお話を伺いました。私の聞き間違いかもと思いこれで正しいか確認したく思っています。柿内沢鹿踊の中立さん、これで正しかったのかこれを見ていたら教えてください。またシガリと言う鹿は気仙地方独特な鹿名の感じがするのですがどうなんでしょうか?いつ頃9人から8人で踊るように変わったのか?などわかる範囲で教えてください。よろしくお願いします。  

鹿踊りに関する御紋について

 投稿者:鹿踊マニア  投稿日:2018年 3月30日(金)23時48分6秒
  各団体には前幕や袴に様々な紋が染められている事は既にご存知だと思いますが、団体によって使用出来る紋が違う事もご存知でしょうか?   各団体にはそれぞれ御紋免状というものがあり、そのほとんどが伊達の殿様の上覧を賜り、その節に御紋や金子を拝領されたものです…ですから伊達の家紋が染める事ができます…。 それではどんなものが染められているかというと…主に竹に雀・九曜・蟹牡丹…その他には菊・巻鶴・扇子に日ノ丸等…まぁほんの一部ですが、これらは許可を得て染めていますから、染め間違いして始末書や活動中止なんて事も昔はあったようです…これら御紋一つ一つには意味があるということもご存知でしょうか?  話し始めるとキリがないですが…鹿踊りは奥が深いんですよ(^◇^;)  道具一つ一つに拘りを持った団体がほとんどだと思いますが…いち芸能に伊達の殿様がこれほど関与し、伊達家の多大な庇護のもと踊られてきたこの鹿踊りって…やっぱり凄いなぁと改めて感じた今日この頃…  

レンタル掲示板
/99